紙一枚の進歩

桂剥き投稿が終わってからも、黙々と練習を続けている人達がいます。
たまに中川さんに写真を送ってアドバイスをもらっています。
中にはザックリ指を切って縫った人もいます。
中川さんから包丁研ぎでOKが出た刃で切ったのですから、それはそれは深く切れたことでしょう。
可哀想に。。。
桂剥き投稿が終わってからの桂剥きは、ある意味自分との闘いです。
孤独感の中でひたすら自分の精神力と向き合うからです。
今も続けているであろうあの人、この人、あの人・・・。
頭が下がります。
その努力は必ずあなたのためになります。
あなたの未来の人生のために、今を頑張ってください。
             *    *    *    *
ところで、以前このような記事がありました。
ここで tumughiさんは、レベルを維持することの難しさを実感されています。
今回新しくブログを始められたkeeさんも、こちらの記事で同じ感想を書かれています。
keeさんの文章は私が座学でちょっとお話ししたことを踏まえての記事ですが、そもそも紙一枚の進歩は中川さんが桂剥き投稿の最中に書かれた言葉です。
紙一枚の進歩のために、裏では血のにじむような努力があることを中川さんからお聞きしたことがあります。
たとえば飲食店で何十年と変わらぬ味を守っている場合、それは何十年も同じことをしていれば良いのではないそうなのです。
必ず前よりも多くの研究と努力があってこそ、何十年も同じ水準をキープ出来るのだそうです。
去年と同じ、昨日と同じではいけないんですね。
それは技術面でも精神面でも言えることなんだと思います。
桂剥き投稿の最後の水準以上になるには、何が必要なのかもうお分かりですね。
このことを知って桂剥きに取り組まれると、また違ったご自分を発見できることでしょう。
ぜひ、桂剥き美人の追加発表に該当するようになってください。
すでに桂剥き美人の方は、料亭の桂剥きを目指してさらに頑張ってください。
その姿勢が長い人生をどれだけ助けてくれるか計り知れません。
コツコツと続けることは、大きなものを貫く強さになります。
まだ何もしていない人は、今からでも遅くありません。
毎日何かに取り組んでみましょう。
あなたの一生は今日の過ごし方の積み重ねですから、一日一時間を大切に過ごしましょう。
今日も充実した一日でありますように。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. 31-2(So) のコメント:
     美風さん、ありがとうございます。
     桂剥き投稿終了以来、一人で黙々と練習しているせいか、よく、スランプに陥るのですが、この記事に励まされました。一人じゃないですね。頑張ります。
     
  2. マクロ美風 のコメント:
    Soさんの頑張りは、かつら剥き投稿の頃から感じておりました。
    あなたの陽性さが良い方向に発揮されているなと実感したものです。
    投稿時期と違って独りぽっちの作業ですから、精神力との闘いになりますね。
    でも、一人ではありませんよ。
    あなたにはお仲間がいます。
    そして何より、中川さんがついているじゃないですか。
    あなたの頑張りは、中川さんが正しく評価してくれますよ。
    さあ、さらなるステップアップを目指しましょう。
  3. Hisako のコメント:
    美風さん、いつも為になる記事をありがとうございます。

    これでよしと思った瞬間に劣化が始まるって以前中川さんがおっしゃってました。
    お店を始めてまだ一年半しかたってないですけど
    毎日もっともっと!って気持ちでは思っていてもなかなか実力が伴わない時も有ります。
    でも、くじけずに頑張ってます!
    何十年も続いている老舗となるとそれはもうものすごい努力を毎日されているんでしょうね。
    炊飯もお野菜の具合もその時々で違いますからもっと自分の感性を研ぎすましていきたいです。

    自分の一生を考えるときって未来のことばかり考えがちですけど
    本当は今の一瞬の積み重ねなのですね。
    そう思うと過去の自分も大切な自分です。
    将来こうなりたいと思って焦るよりも、今を大切にしなくっちゃ!
    って、あんまり焦ってもないですけど。
    明日もがんばりますっ!
    まずは今夜の筋トレですね(笑)


  4. マクロ美風 のコメント:
    あはは(笑)
    筋トレから始まるのですね^^
    hisakoさんらしい。
    そうそう、そのお仕事は体力あってのものですからね。
    むそう塾生仲間から、お店のことをよく聞きますよ。
    どれも良い評判ばかりで嬉しいです。
    hisakoさんなら大丈夫!
    前も今もそんな思いで見つめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です