料理雑感

きのうのお昼を、京都の「なかがわ」さんでいただいた。
昨日のなかがわさんのブログ(京都 Macrobiotic Style なかがわ)に、「きょうのおばんざい」の写真はない。
バタバタと売れてしまって、写真を写せなかったのだそうな。
2008年2月7日に「善右衛門的。カフェ」から「なかがわ」さんに改名し、本名の中川善博さんで活動されているこのお店の主は、なかなか気骨溢れる男。
色々思うところがあって、旧暦の元旦に新しい志を立てて一人で頑張っている。
早くもそれから3ヵ月。
お客様も、流れも、そして、何よりご自身の気持ちがとっても変わったそうだ。
「今が幸せです」と言い切る表情は清々しい。
確かに、この3ヵ月で「なかがわ」さんのブログもお料理も変化している。
主の姿勢(気持ち)は、お料理に大きく影響し、ひいてはお店の雰囲気にも影響する。
彼が新年に本断食までして臨んだマクロビオティックの世界は、今、彼の腕と胸の中でフツフツと発酵中だ。
これからの中川さんが大いに楽しみ♪
*    *    *    *
さて、なかがわさんでお食事をしていたら、隣の人がこんな言葉を口にした。
「玄米って美味しいものなんですね」。
初めての方が半数を占めるようになったなかがわさんのお客様が、よく口にされる言葉だそうだ。
中川さんは後でこうおっしゃった。
「玄米ごはんの美味しさを伝えるのが私の役目だと思っています」。
来る日も来る日も玄米ごはんを炊き、朝早くから起きて心(氣)を込めてお料理をつくる。
そして、身も心も清めてカウンターに立ち、あくまでも控えめに生きるその姿は、やはり本当の料理人の原点だと思う。
*    *    *    *
吉兆。
この件に関して、私は言いたいことがたくさんある。
あちこち出かけている間に書く時期を失していたら、中川さんが代弁してくれるような記事を書いてくださった。
「スクラッチ度とシズル感と」
頷けることが多々あってスッとした。
「奢るものは心嘗に貧し」 (おごるものはこころつねにまずし)
吉兆の経営者と、利用客の一部の心を想った。
マクロビオティックは質素を旨とする。
必要最小限でいい。
単純明快だ。
マクロビオティックに出会えて、心からありがたいと思う。
世の中の曇りが透けて見える「魔法のメガネ」があるから。
感謝。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. ゆり より:

    先日なかがわさんに名前が変わってからはじめて行きました。以前と比べて雰囲気が何とも言えない爽やかさでした。美風さんに深く共感です。本豆餅も初めてでしたがその素晴らしさに感動です。次回は子供も連れて行こうと楽しみにしています。

  2. マクロ美風 より:

    ゆりさんも実感されましたか?
    本当に変わりましたよね~。

    >以前と比べて雰囲気が何とも言えない爽やかさでした。

    中川さんが、この文章をお読みになったら、とても喜んで下さるでしょうね。
    ゆりさんとも、「なかがわ」さんでお会い出来たらいいなぁ~♪

  3. さくら より:

    初めまして。マクロビに大変興味があり「始めようかな」という段階の者です。
    記事とは全く関係がない質問です。すいません。
    私は33歳で1才の子供のいる主婦です。
    私はお肉やお魚がやめられません。
    もともとお肉は好きでもなく魚が大好きです。
    でもどちらも一日に全く食べない日はありません。
    甘いものはもともと好きでもないので、やめられました。
    砂糖の害は私も身をもって実感するので全くなくても平気です。
    お肉やお魚は有る程度必要かなとまだ無意識に感じてせいなのでしょうか?
    お豆腐も大好きなのでお肉のかわりにと思っていますが満足できません。アドバイスいただけたら幸いです。

  4. マクロ美風 より:

    さくらさん、こんばんは。
    お返事が遅くなってすみませんでした。
    コメントをいただいた朝から新潟に行っておりまして、パソコンから離れておりました。

    さて、ご質問の件ですが、さくらさんはマクロビオティックに出会って良かったですね~。
    これからお子様を育てる大切な時期にマクロビオティックを知ったということは、何にも換えがたい財産です。
    ぜひ、マクロビオティックを正しく理解なさって、さくらさんもお子様も、素晴らしい人生を送ってくださいね。

    まず、いただいた文面から想像しますと、さくらさんはマクロビオティックをお料理の面からのみ捉えていらっしゃるように感じます。
    しかし、マクロビオティックはとても奥が深く、食べ物だけではなく、宇宙や哲学や経済、はたまた恋愛までをも包含する全方位的な考え方です。

    ちょっと面食らってしまうかも知れませんが、きちんと理解すると、最初に述べたように、一生手放せない財産になります。
    どうぞ、しっかりマスターなさって、楽しい子育てをしてくださいね。

    ところで、マクロビオティックをお勉強なさるにはまず入門編として、下記の本とサイトをお薦めします。

    本:「マクロビオティック料理事始め」

    私のブログでも取り上げていますので、下記の記事をご覧ください。
       http://blog.goo.ne.jp/macro21/e/17d1e111f28360d19a2131fc66feb73b

    サイト:「桜沢如一先生に学ぶマクロビオティック教室!」(桜沢如一顕彰会)
    http://www.macro-biotic.jp/index.html

    これらでマクロビオティックの概要を掴んでから、実際に「マクロビオティック料理事始め」の本でお料理を作ることをお勧めします。

    しかし、その過程で解らないことが沢山出て来ますので、その時にはお一人で悩まないで、相談する人を見つけてください。
    さくらさんがどちら方面にお住まいか分かりませんが、もし機会がありましたら、私の主催する「美風ゼミ」にお出かけください。

    各地で不定期に開催しておりますが、東京は毎月の開催です。
    6月・7月の開催日は下記のとおりです。
    http://blog.goo.ne.jp/macro21/e/28b711f6444e10e98fa46a4642d4d701

    せっかくいただいたご縁は大切にしたいと思っています。
    さくらさんのマクロビオティックライフのお手伝いが出来れば、私としてもこの上ない喜びです。
    お会い出来て、詳しくアドバイスが出来たらいいですね。
    では、きょうはこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です