男性陣はやっぱり反対です(笑)

案の定、こちらの記事を読んだ息子から、大反対をされました(笑)
ヽ(`Д´)ノプンプンという感じです。
夫は寂しそうに「仕方ないねぇ」と言っています。
(夫は染めていません。)

一緒に仕事をしている中川さんは、「中身があれば何でも・・・」と歯切れが悪いです(笑)
京都風にとらえると、「中身がないのだから、見かけを大事にしなさいよ」ということなのかも。

私は常々、ヘアスタイルは半分は周りの人のためにあるので、周りの人の反応も気にした方がよいと思っています。
女性は理解を示してくださるでしょうが、男性はちょっと認識が違うのでしょうね。
何歳になっても、男性は女性に若さや美しさを求めたいのかもしれません。

息子は「白髪に憧れる人なんていないでしょ、でも、宣言しちゃったんだからやめるしかないよねっ!」と怒っています。
は〜、男というのは面白いものです。

ところで、私はもともと白髪が増えても染めないつもりでいたのですが、先の記事にも書いたように子供のためにと思って染めてしまったのでした。
すると確かに白髪の時より若くなりますから、女心としてそれはそれで悪くないのです(笑)

そして、そのまま20年ほど染めて来たのですが、こうしてマクロビオティックを意識して暮らしていると、染めることは本当の自分を隠しているような気がしてならないのです。
特に望診ですね。
皮膚の状態、髪の状態を正しく把握して、ありのままの自分を健康につなげたいと思うのです。

そして、見かけが老けて見えてしまう分、内面勝負になってきますから、内面を充実させることを意識して暮らしたいと思うのです。
黒い髪に甘えるのではなく、緊張しながら白い髪と暮らしてみようと思います。
実は、これも陰陽なんですよね。




(教室の置き花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: からだ, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. げんたろう のコメント:
    確かに白髪で真っ白だと叔母での経験上、実際の年齢以上におばあちゃんに見られるので息子さん達が大反対するのは理解出来ます。

    女性の髪の色は丁度良い塩梅があるので難しいトコですよね?!

    私から言えることは例え自然な姿を見せるにしても手入れしていない髪は直ぐに判るので、それだけは避けるべきかと思います。

    全然手入れしていないと例え40代でも白髪交じりの頭を含めメイクなどを見ただけでどの程度美容に力を入れているか判るので、全体の印象がより大事になるかと思います。

    そういう私は薄毛のことで母親から口煩く言われますが、帽子を被ったほうが若く見えるから良いのでは?など、色々言われ続けています

    簡単に言えば自然な髪の色を試すのも良いとは思いますが、その場合、今まで以上に身だしなみに神経を遣う必要があると思います。

    ホント手入れされていない髪は直ぐに判るので、その辺で息子さん達に失望されないようにすることが重要かと思います。
    • マクロ美風 のコメント:
      げんたろうさん、おはようございます。
      お久しぶりです。
      ずいぶん長いことお目にかかっていませんね〜。

      実はね、私はいつもすっぴんなのです。
      口紅を塗って、眉毛は描いているのですが、他はなーんにもつけていません。
      もう40年近くすっぴんです。
      髪の毛が白くなった分、きちんとお化粧をした方が良いのでしょうが・・・、それもしたくないのです。
      我儘ですが、体に余計なものを取り込みたくない気持ちを優先させたいなと思っての決断です。

      今まで以上に身の回りのことに注意を払って、男性陣を失望させないようにしなくちゃ。
      難易度は高いですが頑張ります!

      息子には可哀想ですが、実年齢の母親をきちんと感じて、男としてしっかりしてほしいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です