鱧骨切り特訓講座の復習  Kuさん(100-2)

おろしかたはもう大丈夫ですね。 問題の骨切りです。
まずは包丁が砥げていない音がしています。がんんばって砥ぎましょう。
包丁の持ち方です 画像に現行犯を収めておきました。人差し指の指紋はたしかに包丁の背から外れていますが包丁を上から押さえているのは変わりません。人差し指-手の甲-手首-前腕-肘-二の腕外側-肩とりっぱに力んでいます。 これだけ力むと薄くは切れないし今刃がどこを切っているかなんて感じられていないと思います。 怪我のリスクは増えるし薄くは切れないしといいとこなしに突き進みます。 私の手元を載せておきます 力みはありません。 包丁を前から引っ張られたらスポンと抜けてしまうでしょう。

切れない包丁で力んで切ると皮の半分まで刃がおりません。 裏から見ても皮に筋が見えませんね。  私の切ったものを裏から見た画像を貼っておきます。 比べてみてください。
塾長手本

 
 

上手に盛れています  骨が全く当たらなくなるまで練習しましょう


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. さとこ より:

    中川さん、診て頂きありがとうございます。
    前から引っ張ったらスポッと抜けてしまう力加減。全く意識できていませんでした。
    包丁砥ぎと合わせてしっかり向き合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です