鱧骨切り特訓講座の復習  Kuさん(92-4)

おろすほうもほぼミス無く勘違いなくおろせるようになりましたね。
骨切りと包丁砥ぎとを集中して練習しましょう。 骨を切る音が鈍いです。
本当はもっと乾いたシャープな音がします。 こおばしい音という感じです。
身には優しく、骨を斬る瞬間だけ鋭く。を意識しましょう。
教えた鱧料理をどんどん作ってください。
骨切りまでは「下処理」なのです。 ここから鱧料理の練習に入るのです。
鱧のシーズンが終わってしまう前にしっかり美味しく料理できるようになりましょう。

皮面が焦げてしまったのかな? 流線が薄く細やかに出るように。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 未佳 より:

    中川さん、ご指導ありがとうございます。
    こおばしい音、優しさと鋭さ、意識して練習します。

    白焼きは皮面の焦げは大丈夫でしたが、端っこが薄くてパラパラになってしまいました。

    まだまだ下処理でアップアップしています。鱧の美味しさにたどり着けるようにがんばります。
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です