桂剥き投稿2016   Kuさん(92-4)  9

YouTube Preview Image
林檎の皮を剥くような音がしていますね。切れ味が出せていないのかもしれません。
まな板チェックはしていますね?
上げきってリカバリするときに面圧が開放されているので縦線が派手にたくさん入っています。 上げるときも下げるときも面圧は解除してはいけません。
刻みの音を聞く限り切れ味は出ているのですが、剥いてから刻むまでに包丁砥ぎをしたってことは無いですよね?
人差し指を伸ばしすぎると手首が硬くなるので注意しましょう。

image1image2美しい芯ですよねぇ。 でもその横にあるロールの一番外側のシートを見ましょう。
分厚くて凸凹ですよね。これは「そろそろ終わりだからきれいな芯にしなくちゃ」と薄い桂剥きをするという目的から逸脱し、きれいな芯を剥くという目的に変わってしまっているのです。 これは最終ラップのエエカッコウシイと呼ばれて失笑を買うのでやめておきましょう。 普通に薄く剥いて手を止めたらこういう芯が残るような人になってください。
image3image4


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です