さようなら IntelチップのMacBook iPhoneのこと 

2020年6月23日から2年2か月使った Intelチップ搭載のMacBook Proに、今日さようならをしました。
2021年にM1 Pro搭載のMacBook Proが発売された時にも、買い換えずにいたのですが、ついに買い替えに至りました。

「ビックカメラJR京都駅店」の4Fにあるソフマップで売却したのですが、買取価格は285,600円(購入時価格746,680円)でした。

先代の16インチMacBook Pro は、メモリ 64GB、ストレージ 8TBと、全部盛りだったので、手放すのが惜しかったほどです。
でも、先日からM1 Pro搭載のMacBook Proを使い始めて、Appleシリコンの素晴らしさを知ってしまったので、サクサクと動く方で仕事をしたいと思ったわけです。

 
 

***

日本時間9月8日2時には、Appleから新商品の発表があるようですが、iPhoneなどを買い替えたら、あまり型落ちしないうちにすぐ売ってしまうのがいいですね。
(メーカーの下取り価格は、平均的に安すぎなので)

発売後まもなくでしたら買取価格も高いので、私はいつもこうして新しい機種にしておくようにしています。
そうすると、大体販売価格の半分の値段でiPhoneを使える計算になります。
ちなみに、本日の買取価格はこんな感じでしたよ。

 
 

 
 

***

売却につき合ってくれた息子と一緒に、久しぶりに「宝泉 京都駅店」へ行きました。
今では新幹線の乗り降りをするだけの京都駅になっていますが、たまにはゆっくりとお茶を飲む時間がとれてよかったです。
落ち着いた空間が好きな、お気に入りの喫茶店です。

 
 

(宝泉 京都駅店)

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。