教室の大掃除 「海老芋の狸餡かけ」が美味しかった 

昨日は教室の大掃除の日でした。
むそう塾生の有志の皆さんがお手伝いくださって、隅々まで綺麗にしてくれました。
前日からの冷え込みが厳しい中、外も中も磨き上げてくれて、心から感謝しています。

皆さんが「よい氣をもらえるから!」と、笑顔で汚れる仕事をしてくださいます。
先輩塾生さんが、「お世話になった教室に感謝を込めてお掃除させてください」と行動してくれたのが、この大掃除の始まりでした。

そのお気持ちがとっても嬉しくて、毎年(+時々)甘えています。
塾生さんのお気持ちに応えたくて、中川さんは昼食を作ってくれます。
昨日は、「お刺身(鯛・鮪・烏賊)」、「海老芋の狸餡かけ」、「粕汁」、「小豆玄米ごはん」、「糠漬け」でした。

「海老芋の狸餡かけ」は、前日の「プロから学ぶ台所の整理術と道具講座」でお出ししてとても好評だったので、おねだりして作ってもらったのです。
狸餡」がすごく美味しかったので、昨日は中川さんが餡を多めにしてくれました。
おろし生姜をたっぷり効かせてご飯にかけると、すごく美味しくてハマります(^o^)v

 
 

(海老芋の狸餡かけ 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

こんな感じで、アルコールもいただきながらの昼食です。
他のお料理の写真は写し忘れました💦

 
 

 
 

この「海老芋の狸餡かけ」は、メチャクチャ美味しいので、ぜひ皆さんもお試しください。
「台所講座」に来られた方には、作り方をお教えしましたが、海老芋は半分に切って盛っています。
となると、お料理の正面はどこになるでしょうか?
盛付のお勉強になりますね。

 
 

 
 

というわけで、今年の教室はすべて終わりました。
このあと、中川さんがご自宅用におせちを作るため使用します。

お手伝いくださった皆様、ありがとうございました。
皆さんに支えられてむそう塾はあります。
心から感謝しております。

 
 


カテゴリー: うれしかったこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です