「第2回 京料理人中川善博の料理試食会」を終えて

昨日は、「第2回 京料理人中川善博の料理試食会」を開催しました。
ご参加くださったのは、東京1名・京都2名・広島1名の4名でした。

現在年間コースに通ってくださっている塾生さんのご主人さま、同じく年間コース受講中の塾生さんの息子さん、そして、新人さんが2名です。

他にも男女2名のお申し込みがあったのですが、お目にかかれなくて残念でした。
改めてのご縁がありますように。

いつもは奥様やお母様が作ってくれるむそう塾のメニューを、中川さんの作りたてのお料理で召し上がっていただきました。
お二人の反応を見ていると、すこ〜しお味が違うものもあったようです(^^)
作り手が変わるとお料理はそのようになるのです。
だから、お手本とのすり合わせが必要なんですよね。

皆さんがお好みのお料理を、それぞれお代わりしてくれました。
お料理のお代わりはもちろん嬉しかったのですが、玄米ごはんのお代わりもとても嬉しかったです。
お味噌汁もお代わりしてくれました!

糠漬けもとても喜んでくださって、帰路でも糠漬けのお味を思い出していますとメールで教えてくれました。
糠漬けもお味噌汁も発酵食品です。
コロナに負けないよう、しっかり召し上がってくださいね。

*   *   *

懇親会会場の京都ホテルオークラは、結婚式が何組もあってロビーも大賑わいでした。
クリスマスということもあったでしょうが、立て続けに3組が記念撮影をしていて、コロナ禍も少し次のステップに進んだのかなと思いました。

懇親会では、社会経験の豊富なご主人さまのお話がとても面白くて、ずっとお話を伺っていたい感じでした。
目の前にいる高校生でも興味をもって話を聴ける話題の選び方が素晴らしかったです。

また、35年来の悩み事を打ち明けてくださった人もおられましたが、悩みは隠そう(陰性)とするよりオープンにした方が陽性になるので、悩みでなくなるのです。
そして、本人が気にするほど他人は気にしないことが日常なので、もっと笑顔が増えるアドバイスをしました。

陰性と陽性は面白いもので、反対から考えると真逆の結果になるのです。
ですから、常に一方向から考えて悩んでいる場合は、思考パターンを変えてみましょう。
それが陰陽の面白いところです。

*   *   *

クリスマス寒波が東京都心にも初雪を降らせているようです。
京都も冷えています。
でも、この寒さの後には春がやって来るのです。
これが陰陽です。

私たちは陰陽の中で生きているのですから、陰陽を味方につけて、持てる力を十二分に発揮して充実した人生を送りましょう。
それがマクロビオティックの暮らし方です。

 
 

(高校生からパパ・ママまで 楽しい出会いをありがとうございました。)

 
 

(懇親会のため、京都ホテルオークラへ向かう途中、御池大橋から北山を見ると、虹が出ていました。)

 
 

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. みどり より:

    あなたの子育ては間違ってませんよ。

    日本中の子育てを頑張っているお母さんにそんな言葉をかけてくれる人がどれだけいるでしょう。
    思いがけないお言葉、ありがとうございました。

    コメントを見て連絡をくれたよしこさん、picoさん、温かい声かけをありがとうございます。次の授業で私卒倒してしまうかも。その時はどうぞ重たい私を支えてくださいね。
    よろしくお願いします。

    • マクロ美風 より:

      みどりさん、こんばんは。

      案外自分の子どもの良さを知らないのは、一番そばにいる親なのかもしれません。
      子どもって外に出たら、結構ちゃんとしているものなんですよ。
      家では甘えているだけです。

      でも、甘えたり、自由にできる場所が必要なんです。
      だから、もっと優しい目でお子さんを見守ってあげてください。
      そして、自由にさせてあげましょう。

      親の役目。
      それは、どんなときでも子どもを信じてあげることだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。