お待ちかねの「鱧しゃぶしゃぶ」 金串のとぎ方

むそう塾の秘伝コースでは、10月に鱧と松茸をたっぷり使った「鱧しゃぶしゃぶ」をします。
昨日、お待ちかねの鍋を囲んで笑顔がこぼれました。

お子さんの運動会で1名が欠席だったのですが、すごく残念がっていました。
自ら鱧の骨切りを練習されていたので、なおのこと。

授業の様子はこちらからどうぞ。

あちこちでふわふわの鱧が花開きます。
もちろん、骨の存在はまったく感じません。

 
 

 
 

 
 

ところで、授業では、別のお料理で、金串を使ってごぼうの中身をくり抜く工程がありました。
そこで皆さんが難儀して、金串の先をとぐ方法を中川さんが説明し始めました。
お休みされている塾生さんのために、とっさに動画を撮ったのですが、とても参考になるので、一般公開しておきます。

金串の先に指が引っかかるような場合は、ぜひお試しください。
串が通りやすくなります。

 
 

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です