塩鮪(まぐろ)の作り方


(塩鮪 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

先日中川さんが「塩鮪」を作ってくれました。
簡単なのに美味しかったので、作り方をご紹介します。

【1】
生鮪をサクで買ってきて、塩をまぶして20分〜30分置く。
(脂身より赤身の方が早く塩が浸透する)

(塩をまぶした状態)

 
 

【2】
鮪の中から水分が出てきたら、水で洗ってリードにくるみ冷蔵庫に入れる。

(水分が出てきた状態)

 
 

【3】
普通のお刺身より厚目に切って生わさびで食べる。

(盛り付けた状態)

 
 

【食べた感想】

作る前は鮪が生臭いのではないかと思っていたのですが、陰陽的に考えて塩の力を信じ、きっと美味しくなるだろうなという予測をしていました。
いざ口に運ぶと、あら美味しい!
生臭みはまったくなく、お醤油で食べるときより鮪の味がしました。

よく、鯛のお刺身をお塩で食べたりしますが、塩鮪は時間をかけて浸透圧を利用する方法です。
新しいお味として、どうぞお楽しみください♪

あ、しっかり毒消し食材も摂ることを忘れないでね(^_-)-☆

 
 


カテゴリー: 食べ物あれこれ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です