料理にはオンラインでは伝えられないことがある 

昨日はむそう塾で初めての「ピザ講座」でした。
自宅で美味しいピザを焼くために、あれこれ実習していただきました。

 
 

(ピザの授業中 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

今はオンラインで処理することが多くなっていて、それはそれで歓迎すべき面がいっぱいあるのですが、お料理の場合はオンラインでは伝えられないことが沢山あります。

香りや味はもちろんのことですが、触って覚えることがいっぱいあるからです。
この触感というのが、最終的にお料理の美味しさを決めることが多いのです。

 
 

 
 

 
 

 
 

オンラインで済むことはいくらでも活用しますが、どうしても教室に来ていただかないと伝えられないことがあって、全国各地から教室に集ってくれます。

昨日も北海道から、やっと自粛生活を終えて受講してくださった塾生さんがいました。
岡山からもやっと。。。

先月欠席された塾生さんのために、麗可ちゃんが焼いてくれたパウンドケーキを試食してもらって、味を覚えてもらいました。

 
 

 
 

欠席されると、授業の肝心なところが抜け落ちてしまうので、万難を排して受講してくださるのですが、今回のコロナ禍では涙をのんだ塾生さんも数多くいました。
早くこういう生活が終わってくれますように。

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です