漢方のお店にマクロビオティックの本や玄米ご飯があってビックリ!

今日、近くのデパートに買い物に行って、しばらく行かなかった売り場に寄ったところ、新しいお店に変わっていました。
なんだろうと思って見たら、漢方のお店でした。
『へ〜、デパートの中に漢方店ね〜』と思って商品を見ていたら、見慣れた商品がいっぱいあるのでビックリ。

漢方店なのに、調味料がズラリと並んでいたり、ご飯やお味噌汁まで並んでいて、さながら自然食品店の棚のようだったので、腰をかがめてじっくり見ていたら、白衣を着た女性が出てきてお茶を試飲させてくれました。

品揃えの話をすると、漢方の店ではあるけど、食べるものが大事なので、このような商品を取り揃えているとのことでした。
へ〜、今はこういう時代なのか、それとも漢方店の戦略なのか?
なにはともあれ、食べることに力を入れるのは良いことなので、許可をもらって写真を撮らせていただきました。

入り口はこんな感じ。
漢方みず堂 川越まるひろ店


調味料は私がかつて使っていたオーサワの商品がずらりと並び、玄米ご飯や玄米餅、そしてレトルトの玄米お粥やフリーズドライのお味噌汁など、もうオーサワ商品オンパレードです。
そして極めつけはここ!


お馴染みの日本CI協会の陰陽表から、マクロビオティックのガイドブックまで並んでいます。
若杉ばあちゃんの本が手前にも奥の本棚にもあって、ビックリするやら嬉しいやら。

お店の人にお伺いすると、昨年の8月にオープンしたのだとか。
あらまあ、知らなかったわ。
夫も息子も知りませんでした。
5階で寝具売り場の近くではねぇ。

さて、このお店がこれからどんなふうになって行くのか、時々のぞいてみようと思っています。


カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です