「読みたいことを、書けばいい。」より 「履歴書の書き方」 

先日読んだ田中泰延さんの「読みたいことを、書けばいい。」の中で、一番気に入ったのが「履歴書の書き方」だ。

私は71歳の今まで、履歴書をこのように書いても良いと思ったことがなかったので、すごくビックリした。
と同時に、私はなんてつまらない発想をしていたのだろうかと思った。
ありきたりな生き方が嫌いな私のはずだったのに。

 
 

 
 

まだ読まれていない人のために、履歴書全体の写真は避けるが、どうしてもこの部分だけはご紹介したいと思った。

自己PRがメチャクチャ気に入った。
こんなに短くてもいいの?

志望動機だって、全然一般の書き方と違っていて、一瞬「えっ?」と思ってしまった。
でも、そのように書いた理由を読むと、大いに納得できた。
相手に訊ねさせることが大事なのだ。

なるほどね〜。
そうだよね〜。
ここまで考えを煮詰めて、言葉を削ぎ落としてもいいのか〜。

何歳になっても人は学べる。
学びたい。

*   *   *

昼間は長時間立ちっぱなしの仕事で、お盆休みもない忙しい日々だけど、帰宅してから田中さんの本を開くと楽しくなってくる。
メールやコメントのお返事を書いていると、いつも日付が変わってしまうけど、そんな時間からでもブログの記事を書こうと思わせてくれる。
発想が面白いからだ。

この本は絶対そばにおいて、毎日触りたいと思う。
そう、触るのだ。
会ったことがないのに、田中さんの発想が気に入ったから、話し相手としてそばにいてほしいのだ。
本を開けば田中さんが何かしら応えてくれる。

触れるのは握手に似ているかもしれない。

*   *   *

田中さん、今日はこんなラーメンを授業で教えたんですよ。
澄んだスープがたまらなく美味しいラーメンです。

(中川式ラーメン 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

それでね、煮豚丼も作ってしまいました。
煮豚の下にあるのは玄米ご飯なんですよ。

(煮豚丼 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

では、おやすみなさいませ。

 
 


カテゴリー: こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です