久しぶりに京都駅の宝泉へ 水無月の季節

昨日は東京に出かけたので、今日は息子と東京駅で待ち合わせて一緒に京都へ帰って来ました。
久しぶりに京都駅の宝泉に寄ってみました。
毎日とても忙しい私にとって、つかの間の幸せです。

ここで注文するのはいつも決まっていて、「雁金茶」ですが、今日はふっと「季節の和菓子」のセットにしてみました。
和菓子は3種類から選べるのですが、その中に「水無月」があったので、迷わずそれを選びました。
好きというより、6月だから。

1個を食べきれずに、残りは息子へ。
二人とも、帰宅したら糠漬けをせっせと口にしたことはいうまでもありません。



(京都駅 宝泉


ちなみに、息子はこちら。



落ち着いた雰囲気が好きで、たまに立ち寄るお店です。


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です