秘伝コースのおせち授業が終わりました

秘伝コースの二日間の授業が終わりました。
この日のために中川さんもスタッフの麗可ちゃんも全力で取り組んでくれました。
最初は塾生さんからおせちの盛り込みを教えてほしいという希望がありました。
それに対して中川さんのお返事は、「そんなの毎朝のOBENTERS(お弁当投稿のこと)で教えてるじゃないか」というものでした。
「でも、でも、おせちになると何をどうやって詰めたらいいのか分からなくなってしまうんです」という塾生さん。
そこであれこれ話し合って、では、おせちの盛り込み方を教えようということになったのです。

しかし、そのおせちというのが大問題で、結局は実際にお料理を作ってから盛り込むということになりました。
皆さんもご存知のように、おせちというのは全種類を作るには何日もかかるものですが、まさか3日間ほど泊まり込みでお料理を作ってもらうわけにも行きません。
ということで、中川さんが全品の一部を事前に仕込んでおいて、当日の朝から残りのお料理を作り続けて、それを盛り込むことになりました。
9時集合9時半お料理開始です。

9時半から16時半まで7時間もお料理をし続け、冷ましてから一気に詰めて行くのですが、そのすべてが手速くて見惚れる動きでした。
お料理を始めてしまえば、毎日おせちを作っているかのような手慣れた作り方をしているのですが、実は材料の準備段階から相当中川さんはいつもと違う神経の使いようでした。
何しろ37種類のお料理の食材の手配と購入の大変さは、実際に作ったことのある人でなければ理解しにくいかもしれません。

暮れのお店が混むときに、たくさんの買い物をしてお料理をするのは、本当に一大仕事ですが、作り終えた時の達成感はなんとも言えないものがあります。
毎日作り続けたお料理とは別に、1年間の締めくくりとして作るお料理には、特別の感謝と新しい年への期待感を込めて、心が整理されて行きます。
大変ではあるけれど、おせち料理にはそんなスケールの大きな心の躍動感が伴います。

ところで、中川さんにおせちの授業が始まる前に「大変なことをお願いしてすみません。相当な負担でしょう?」と話したところ、「いえ、楽勝です!」というお返事が帰ってきました。
一瞬強がりかなと思ったのですが、「萬亀楼時代には毎年1000個のおせちを作っていましたし、自分のお店でも毎年100個のおせちを作っていましたから、こんな数は楽勝なんです。」とのこと。
ああ、そうだった。野暮なことを口にしてしまったと思ったのでした。

毎年の1000個のおせち経験とともに、そのお味と注意点もしっかり秘伝コースの人たちにお伝えしました。
あとは皆さんが作る番です。
習ってみてお分かりのように、毎朝のOBENTERSで指導されている内容がそのまま量が増えただけでしたね。
(逆に考えると、OBENTERSって何て質の高いことを教えてもらっているのでしょう!)
「詰めるってあんなに!」というビックリな場面がありましたが、「重詰め」ってそういうことだったのかとはっきり理解できましたね。
あとは皆さんの31日のお写真を楽しみにお待ちしています。

なお、おせちの写真は12月31日にブログに掲載します。
秘伝コースの方には、12月21日にメールで写真をお送りします。

*   *   *

朝から一気にお料理に突入して、いつお食事が出来るかわからないこの日のために、スタッフの麗可ちゃんは2日間とも全員のために次のようなお料理を用意してくれました。
ご自分の判断で作ってきてくれたのです。
他にお魚屋さんから受け取った荷物もあるというのに、大阪からいっぱい荷物を抱えて通ってくれました。
麗可ちゃんの好意に甘えていただいたお稲荷さんとサンドイッチは、お世辞抜きで本当に美味しかったです。
麗可ちゃん、ありがとうございました。
(なお、麗可ちゃんは2日間で3時間くらいしか寝ていません。)

 
 

海老フライサンドイッチ マクロビオティック京料理教室 むそう塾 

 
 

(海老フライサンドイッチ マクロビオティック京料理教室  むそう塾 塾生作品 麗可さん)

玄米稲荷寿司 マクロビオティック京料理教室 むそう塾1

 
 

(玄米稲荷寿司 マクロビオティック京料理教室  むそう塾 塾生作品 麗可さん)

玉子サンドイッチ マクロビオティック京料理教室 むそう塾

 
 

(玉子サンドイッチ マクロビオティック京料理教室  むそう塾 塾生作品 麗可さん)

玄米稲荷寿司 マクロビオティック京料理教室 むそう塾2

 
 

(玄米稲荷寿司 マクロビオティック京料理教室  むそう塾 塾生作品 麗可さん)

みんなで頑張った2日間は、今年最後のコース授業でした。
あとは23日の愛クラス(単発講座)を残すのみです。
むそう塾の原点である玄米の炊き方で今年の授業を終えるのは、いかにもむそう塾らしい終わり方ですね。
最後まで心を込めて、皆さんの健康に貢献出来る授業をしたいと思います。

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. 麗可 のコメント:
    美風さん、おはようございます。

    差し入れのお弁当を載せてくださってありがとうございます。
    一緒に見た夫が喜んでました。

    金曜日も帰宅が遅く土曜日も何時に帰れるかわからなかったのですが、やればよかったと後悔するのは嫌なので、やると決めて食材の準備をしました。
    いつも色んな方に差し入れて食べて頂いてたので、緊張や不安はなく楽しく作れました。
    美風さん、中川さん、皆さんに喜んでもらえてとても嬉しかったです。
    • マクロ美風 のコメント:
      麗可ちゃん、こんばんは。

      >やればよかったと後悔するのは嫌なので、やると決めて食材の準備をしました。

      陽性さんですねぇ(笑)
      いつもそうやって困難な方を選択されていますね。
      その思いっ切りの良さが男性並みです。
      女性にしておくのが勿体ないです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です