歪んでいても、ずれていても、曲がっていても、それも自分

整体でもカイロプラティックでも、人の身体に触れることを職業とされている人が案外犯しがちなこと。
それは教科書どおりの身体でなければ、すべて異常と判断して調整しようとしてしまうことです。
結論からいってしまうと、少々骨がずれていても、姿勢が歪んでいても、指が曲がっていても、長年の間にその人にとってはそれがちょうど良いことがあるのです。
それを単純に教科書的に矯正してしまうと、他のところに歪みが生じたり、痛みが出たり、不快な症状に悩まされる場合があります。

みんなお顔が違うように、人の身体もそれぞれの個性があって、異常かと思えるような特徴にビックリすることがあります。
ベテランになると、その一見異常とも思える部分の存在をまるごと認めて、そこには手をつけないで他の部分に着目したりします。
私の父も若いお医者さんが「これは大変です」というのを、「いやいや、これで何十年もやって来ているので、ここは別にこれでもいいんだよ」とやんわり返していたことがあります。

あるいは、夫もカイロプラティックにたった一度だけ行った際に、骨盤を矯正しますと余計なところをいじられて、その後股関節が痛いといい、完全に痛みが消えるまで3年ほどかかりました。
ですから人の身体に触れる職業の人は、本当に腕を磨かねばなりません。

ちなみに頭はとても敏感なところなので、すぐ体調に影響します。
美容院では頭をマッサージするところもありますが、そのせいで体調が狂うのがいやなので、私は頭のマッサージはいつもお断りしています。
自分の頭は信用できる人にしか触らせません。

自分の体は自分でかなり調整できます。
ですから、骨折部分を元に戻す場合などを除いて、あまり機械的にいじくりまわさない方が良いと私は思っています。

 
 

ひじき豆 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

 
 

(ひじき豆 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室  むそう塾)

 
 


カテゴリー: からだ パーマリンク

コメント

  1. おはる のコメント:
    美風さん、おはようございます。

    はっきりとはわかりませんが、
    もしかして、、、と思いあたりあります。
    それもじわじわと、、、。

    早急に結果を求めずに
    絶妙なバランスを大切にします。

    これは、何にでも当てはまることだと思いました。
    自分の性格の極端さでもありました。

    ありがとうございます。
    • マクロ美風 のコメント:
      おはるちゃん、こんばんは。

      そうなんです。世の中には形(型)に当てはめられないものが多々あるのです。
      Aさんから見たら歪んでいても、Bさんにとってはその歪みが心地良かったりします。
      一人ひとり体の使い方が違うのですから当然ですよね。
      ま、遊びの部分が体にも必要ということですね。
  2. あみ のコメント:
    美風さん こんにちは

    私はエステティシャンをしています。

    お一人お一人身体・肌本当に違います。
    完全担当制ですのでその方にあわせた施術を心掛けていますが、美風さんの仰ってる様に日々腕を磨かないといけないと思います。

    いつも為になる記事をありがとうございます。肝に銘じて精進します。
    • マクロ美風 のコメント:
      あみさん、初めまして。
      コメントをありがとうございます。

      完全担当制であれば腕の磨き甲斐がありますね。
      私の知っているあみさんと同業の人は、お客様の体の変化に一番早く気づいて、それを告げたところ癌が発見されました。
      同じ人を担当し続けるとそんなこともありますね。
      ぜひ腕の良いエステティシャンとしてご活躍くださいませ。

      また遊びにいらしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です