氣の停滞とマクロビオティックをMacBook Proから感じる

最近パソコンを買い替えました。
今まで使っていたパソコンのハードディスクがお疲れなのか、急に真っ暗になって作業中のデータが消えたり、熱くなってウィーン!って音がするようになったりして、突然データが全部飛ぶ危険性を感じたからです。
今回もMacBook Proなのですが、今まで使っていたものより薄くなって、私が初めてMacを使い始めた時のMacBook Airみたいです。
あの薄さと曲線と手触りに感動して、まるで美術品だと一目惚れしてMacに移行したのでした。

データの移行にあたって、なかなか思うように行かないトラブルが発生して、すっかり中川さんのお世話になってしまいました。
中川さんがいらっしゃらないと私のパソコン使いは不可能になるほど??なことばかりでした。
でも、無事移行することが出来てやれやれです。

車でもコンピュータでもうまく繋がっているときにはとても便利で良いものなのですが、ひとたびご機嫌斜めになるとすべてがお手上げになってしまいます。
アナログな時代には、まだ騙し騙し使うことも可能だったのですが、デジタル製品はそれが出来ない物が多いので、ちょっと寂しいなって感じます。
私は一つの物を大事に長く使いたい性格なので、デジタル向きではないのかも知れません。
でも、可能性を求めるとそんな情緒的な発想より優る部分にも惚れてしまうのでした。

というわけで、この記事は新しいMacBook Proから書いています。
右が古いMacBook Pro、左が新しいMacBook Pro。

MacBook Pro

 
 

移行が完了するまでの間、「停滞」ということに改めて想いを馳せました。
物事がスムーズに流れている時には色々な処理能力がはかどりますが、ちょっと不都合が発生すると、たちまち停滞が起こります。
その間の時間はとてつもなく長く感じ、非生産的になって精神衛生上もよろしくありません。
こんなことがしょっちゅう起こると、穏やかで平和な日常はあり得ないなと感じます。

ところで、私がマクロビオティックを知って何が良かったかというと、物事がスムーズに流れるコツを知ったことです。
人間関係やお金のことや、仕事や生き方についても、マクロビオティックの陰陽で考えていくと納得の行く生き方が出来るように感じました。
無理に我慢するのでもなく、誰かに媚びるのでもなく、あるがままの自分を陰陽で分析してみて、その運転方法を陰陽で考えてみると、自然体の自分を生きられます。

そんなことが可能になるのがマクロビオティックの良さだったので、あまり目くじら立ててマクロビオティック料理云々というつもりはありません。
しかし、陰陽バランスを取るのに必要な食べ分けは重要です。
そんな食べ分け方は知っていて損はないと思いますし、それで氣や体調の停滞が少なくなればもっと嬉しいですよね。
これからもそんな停滞を減らすあれこれをお伝えできたらいいなと思います。

 
 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です