認知症と診断されたらそれで諦めますか?

Nさんからメールがありました。
こちらの記事を踏まえてのご相談でした。
Nさんだけでなく、これから同じような立場に立たされる人も多いと思い、記事にさせていただきます。

<Nさんからのメール>

先ほど母の付き添いから帰ってきてブログを拝見したら
母が呟いた言葉と美風さんのブログの内容とがリンクしてしまいました。

歳をとるって喜びも希望もどんどん取られていってしまうのね…
今の私にはもうなんの喜びもない…

この言葉を聞いて、愕然としてしまいました。

でも今の彼女には正直な気持ちなのかもしれません。
40年以上も大好きで続けていた運転を「認知症」発症のために
やめざるを得なくなってしまったからです。
手足をもぎ取られるような感覚だとも言いました。

昨日も今日も車買取業者の方が家に来ます。
そうすると母はいつも涙目で車の話をします。
見た目はごくごく普通なのに、MRIや脳の血流検査で
少し異常が見られたために下された診察結果。
てんこさんがおっしゃるように、検査を受けても不安、受けなくても不安。
どちらにしても不安だらけだったから検査をうけたのですが、
いざ検査を受けて前に進みだそうと周りが動き出した途端の彼女の呟き。
戸惑う家族。
どう接してあげたらいいのか、残りの人生を少しでも明るく生きていってほしい
毎日を笑って過ごしてほしい、どうしたらいいんだろう。
発症したからと言って人格まで失うわけではないから新しい希望を見つけてあげたい。
それにはどうしたら…

てんこさんや美風さんが仰るように、私たちは一日一日死に向かって生きているだけに
今日の母の呟きが私に重くのしかかってしまいます。

美風さん、私は彼女にどうしてあげればいいのでしょうか?
申し訳ありません、こんなことメールにして…
でも美風さんとお話したかったのです。スミマセン…

 
 

<マクロ美風より>

Nさん、こんばんは。
誰しも老います。
誰しも死にます。
でも、死の瞬間までなるべく崩壊が少なく苦しむことなく、暮らして行きたいと誰しも思います。
では、それを現実に可能にするにはどうすれば良いのだろう?
ここが一番の問題ですね。

Nさんのメールを拝見してふっと私の父のことを思い出しました。
父は60歳を超えてから車の免許を取り、仕事や買い物など毎日運転していました。
93歳の頃、たまたま私が北海道に帰って母の買い物を頼まれたので、父の運転する車に同乗したときのことでした。
ウインカーを出したまま戻すのを忘れて運転していたので、父に教えてあげました。
夜になって何気なく兄にウインカーの件を話したところ、「そうかあ」と渋い顔をしていました。

それから何か月か経って、母と電話で話していたら、父が車に乗れないので不便だとこぼしていました。
具合でも悪いのかと聞いてみると、高齢でもあるし、万が一人身事故を起こしては取り返しのつかないことになるので、もう車を降りるようにと息子(私の兄)に言われたそうです。
父はそれまでゲートボールやカラオケをしょっちゅう楽しみ、老人会の集まりにも車で他の人を送り迎えしていたそうです。
しかし、それらが出来なくなったので、すっかり楽しみが減ってしまい、毎日寂しそうにしていると母が話していて、父のために兄はまずい判断をしてしまったなぁと思いました。

それからはつるべ落としの秋の太陽のように、父は一気に活気がなくなり、2年後に95歳で亡くなりました。
もしあの日に私が兄にウインカーのことを話さなければ、父はもっとハンドルを握っていられたのだろうかと思うと、何とも複雑な思いがこみ上げてきて、事故の被害者を出さないための対応とはいえ、父に申し訳ない気持ちになるのが正直なところです。

Nさんのお母様は、認知症とのことですが、一説によると認知症なんて病気はないとおっしゃるお医者さんもいます。
製薬会社が背景にいて、認知症という病気を作って薬を投与すれば儲かるだろうという程度のものかもしれません。
何しろこれからはお年寄りがどっさりいる時代になるのですから。

先日お母様のことをお聞きしていてとても気になったのが、甘いものが大好きということです。
お若くても甘いものが大好きな人は、どちらかというと緩慢な態度の人が見受けられます。
それはまさにマクロビオティックの陰陽でいうところの陰性な状態ですよね。
Nさんもマクロビオティックのお勉強をされているのでご存知でしょうが、そんな時には陽性な方向に持って行ったら何らかの変化が見られないだろうかと思われませんか?

認知症とひと口にいっても様々な段階があるし、果たしてその検査が妥当かどうかも分かりません。
お母様は本当に車を手放すべきなのかどうか、もう一度検討する余地はないものなのでしょうか?
お母様が運転をされて、Nさんが助手席に座るドライブがあっても良いかもしれませんよね。

私たちは確かに一日一日死に向かって生きているのですが、それは長いスパンで考えた時の言い方であって、「今」を諦めの方向に導くものではありません。
あくまでも「今」を充実させる生き方のために、もっとマクロビオティックの陰陽を活用してみませんか?
今こそあなたの知識を活かすべき時のような気がするのですが。

 
 

中川式鉄火味噌 むそう塾 マクロビオティック

(中川式鉄火味噌 料理:子象さん)

 
 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です