「マクロ美風の陰陽落とし込み講座」色彩の陰陽と波動を考える

昨日は「マクロ美風の陰陽落とし込み講座 各論特集@東京」を開催しました。
今回は各論特集なので、具体的なお話を並べました。
休憩時間に最前列に座っていた「ちーちゃん」の服装が目にとまりましたので、ちょっとカラー談義をしていました。
色の陰陽五行とのからみです。
彼女はいつもやわらかい雰囲気のデザインと色のお洋服が多いのです。
ご自分でもお洋服を作る器用な腕の持ち主ですが、色をもっとインパクトのあるものにした方が精神的にも陰陽バランスが変わるので、私のスカーフを巻いて色比べをしたのです。

まずは彼女が着ていたお洋服。
最後の集合写真から引っ張ってきました。

 
 

マクロビオティック 色彩

 
 

カラーその1
やや!
ちょっと大人になったイメージ。

マクロビオティック 陰陽

 
 

カラーその2
ぐっと華やかになりました!

マクロビオティック 陰陽 色の陰陽五行

 
 

いかがですか?
この見た目に受ける感じの違いは、自分が接する人への印象の違いに影響するのです。
彼女はお顔は十分に美人さんなのですが、最初の写真ではインパクトが弱いのです。
このインパクトが弱いというのは、結構影響があるものです。
よく、目立たない色の方が安心だからといって、黒やグレーを選ぶ人がいます。
つまり引っ込み思案な性格なんですね。
でも、その引っ込み思案が損をする時があります。
特に異性間ではね。

そんなとき、フッと華やかなお洋服や小物(たとえばスカーフやアクセサリー)を身につけると、何となく気持ちが華やいで来るものです。
それが色から受ける陰陽なんですね。
色には波動があって、その波動が私達の肉体や心に影響するからです。
お洋服から受けた波動は気持ちの変化を招き、それがいつしか行動の変化へとつながります。
そこに波動エネルギーの存在があるわけです。
ですから私はお洋服の色は重要だといつも思っています。

写真の2枚の私のスカーフは、いつもお化粧をしない私の顔の演出に使うためのカラーです。
ハンドバッグには黄色のスカーフも入っていたのですが、休憩時間が終わりになって写真を撮れませんでした。残念。

お仕事が私服の職場の人は、お仕事中の首元と、アフター5の首元をスカーフやアクセサリーのような小物で変化させるのも良いですね。
そんなちょっとしたことが女性らしさを覗かせて、異性の関心をひくこともあります。

とまあ、そんな色彩のことにも時間を割いた陰陽落とし込み講座でした。
各論は楽しい側面がありますが、パターン化して覚えないで、ぜひ応用がきく実力を備えてほしいと思います。
そうすると陰陽を自由自在に操って実力を存分に発揮し、あるいは実力以上の処理を可能にしてくれます。
つまり、刻々と成長することが可能になるんですね、

そう。
人間は死ぬ間際まで成長出来るんです。
死の淵にあっても変わることが出来るのです。
たったひと言を発することによって相手を変えることが出来るのです。
そんな生き切り方をしたいと思いませんか?
そんな人生のために、心を込めて陰陽落とし込み講座をさせていただきました。
皆様のなんらかのお役に立てていただけたら嬉しいです。

 
 


カテゴリー: マクロ美風の陰陽落としこみ講座 パーマリンク

コメント

  1. ちえこ のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    昨日は、ありがとうございました。

    身近な現象を陰陽を使って、解き明かされる事が
    面白く、納得する事も多くとても楽しかったです。
    そして、カラーとエネルギーの話も興味深かったです。
    休憩時間に、美風さんがフワッと巻いて下さった色のストールは
    自分では普段選ばない色でした。
    色によって、自分が少し大人っぽくなったり華やかに見えたり、
    そして、気持ちがウキウキしている事がわかりました。
    色のエネルギーはすごい!と実感しました。
    ついつい、安心してしまう色を選んでしまうのですが、
    もっと色のエネルギーを借りて、色で遊びたいと思います。
    今から春服を買いにいく事がとても楽しみですっ。
    • マクロ美風 のコメント:
      ちえこさん、おはようございます。

      遠くからのご参加をありがとうございました。
      黄色いスカーフもあったので、それも巻いてあげれば良かったですね。
      目立つ色を身につけるには、引っ込み思案の人はある程度の勇気や度胸が必要になります。
      でもそれは1枚目のこと。
      1枚目のお洋服の色をほめられたら、嬉しくなって何となくまた明るい色に手が伸びます。
      それを繰り返しているうちにあら不思議、精神的にも変化しているご自分を感じることでしょう。
      お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です