桂剝き投稿 その後の過ごし方

桂剝き投稿が終わって続々とメールが届きます。
不思議と頑張り抜いたというメールはなくて、頑張れなかった、出来なかった、不本意だった、情けなかったという内容が多いです。
そしてその人達は判で押したように、「これからも頑張ります」と書いています。
そのような言葉は昨年も一昨年もその前も聞きました。
で、その後「こんなに剥けるようになりました!」というメールは・・・。
悲しいかな、1%もありません。

みんなで一斉に桂剝き投稿をするのは、ある意味で楽なんです。
しかし、その後一人ぽっちで桂剝きをするのは並大抵なことではありません。
でも、する人はしています。
そのうちのお一人、さっちん。
Ya(3−4)さんは今年幸せコースを再受講しているのですが、「今年の桂剝きは頑張ります!」と宣言されて、見事に結果を出して駆け抜けました。
Yaさんは幸せコースの1期修了で、まだ桂剝き投稿がなかった時代です。
もちろん桂剝きは授業で教えていたのですが、皆さんがあまりにも下手なので、翌年から投稿をして上手になってもらおうとしたのでした。

それでも1期生には相変わらず桂剝き投稿のチャンスがありません。
そこで2012年の2月と3月に1期生の救済策として「包丁砥ぎと切り方講座」を開催したのでした。
その時にYaさんは受講してくれたのですが、なかなか力みが取れなくて苦労されました。
それで今回彼女はそれを克服するべく幸せコースを再受講してくれたのでした。
今回は見事な成果を出して終えられましたが、昨日話していたら、何とその桂剝き講座から毎日一冊は剥いていたのだそうです。
これですね。これが彼女らしいところです。

「瀬戸内寂聴さんと桂剝き 続けることの大切さ」の記事にコメントをくださった鴎門さんは、Yaさんと同じ桂剝き講座を受講されました。
(その時の写真はHPのトップページ1枚目にあります。)
同じ1期生なので、Yaさんと桂剝きの経験は同じです。
その鴎門さんのコメントが正直で的を得ています。

>この熱い投稿期間が終わってなお努力し続けることがもっとも困難であることは身に染みて分かっているので・・・がんばります。

鴎門さんも今回はずいぶん伸びました。
本人もそのような感想をお持ちです。
「がんばります」と書かれているので、これからを楽しみにしています。

桂剝き投稿期間を単なるイベントとして終わらせればそれまでです。
しかし、そこをスタートとして、自分の可能性を探る生き方をしようと思えば限りなく可能な世界です。
さあ、あなたはどちらを選ぶでしょうか?
昨日漏れなく聞いた「これからも頑張ります!」の結末はどうなるでしょうか?
あなたの人生はあなたの歩み方、それも毎日の積み重ねにかかっています。

◆参考記事
「なぜ今包丁砥ぎなのか?」

 
412A7514

(照れるさっちん)

 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. 姫(69-1) より:

    美風さん、背筋がシャンっとなる記事をありがとうございました。
    本当に、おっしゃる通りだな、と思います。
    かなり、真剣に向き合った桂剥き投稿の一ヶ月。身も心も、キューっとなっていた一ヶ月。結果は思うようにいかなかったけれど、あー、終わったー、という気持ち。開放感とは少し違うけれど、何とも言えない感謝に満ちた気持ちになりました。そして、今月の授業を受けると、クラスメイトの距離がグッと近くなった気がしました。それぞれが、色んな思いをかかえながらも、一ヶ月乗り切った安堵のような感じもあって。今までの、自分の人生では、まさにここ止まりでした。終わったねー、充実してたねー、と変に満足してしまってたと思います。でも、今は、むそう塾で学ばせてもらい、今までの中途半端感の生き方を変えたい!と思っているので、ここからなんだな、と思います。あえてこの場でコメントさせていただいて、自分へプレッシャーかけておきます。継続は力なり。練習は嘘つかない。クラスメイトのさっちんの充実感はすごく伝わってきました。そして自信に満ち溢れキラキラしていました。自分に自信が持てるように、コツコツ歩みたいと思います。ありがとうございました。

    • マクロ美風 より:

      姫ちゃん、こんばんは。

      >クラスメイトのさっちんの充実感はすごく伝わってきました。そして自信に満ち溢れキラキラしていました。

      皆さんにここまで到達してほしかったのです。
      結果も大事ですがプロセスも大事です。

  2. さっちん より:

    美風さん、こんにちは。

    前回の投稿後桂剥きができるようになるまでは続けようと思っていました。桂剥きができるようになったら何かが自分の中で変わるような氣がいていたので必死だったように思います。今日こそ今日こそと思っているうちに1年たっていましたが・・・。
    今回やっと桂剥きが何とかできるようにりスタートラインに立てた氣分です。ここからまた頑張ります。

    今回達成感・爽快感を仕事以外で久しぶりに感じました!
    桂剥きを通し自分を見つめ直し、たくさんの人たちに支えられていることも感じ幸せな1か月でした。本当にありがとうございました。

    • マクロ美風 より:

      さっちん、こんばんは。

      やっぱりさっちんは根性があるね〜。
      その責任感が女性としての人生を邪魔するんですよね(笑)
      しかし、何か事業をするときの相棒としては誠に適しています。
      「陰陽落としこみ講座」で私はさっちんにお伝えしたいことがあります。
      マクロビオティックの陰陽で考えた場合の話です。
      当日をお楽しみにね。

      今回の桂剝きで達成感・爽快感を感じてくださったのはよく分かりましたよ。
      晴れ晴れとして素敵な表情をされていましたものね。
      幸せを感じながら桂剝きが出来たことは、さっちんの人徳だと思います。
      お見事でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です