玄米炊飯投稿の記事が1000番に!

きょうは2013年7月1日。
2011年8月20日から採用した玄米投稿のTweet形式は、Fu(24−6)さんの小豆ご飯が1000回目の投稿になりました。
実際はTweet形式にする前から玄米投稿の記事を書いていたのですが、中川さんが通しナンバーをふっていなかったため、正確な数字が分かりません。
記事数は1747本ありますが、以前は1本の記事に何人も入れていたので記事数よりアドバイスをした投稿数の方が何倍も多いのです。
多い時には1本で23名(だったかな?)ほどへのアドバイスと写真を盛り込んでいました。
ということで、きっと10,000は軽く超えていると思います。

ちなみに第一号の投稿は2008年9月25日で、このような記事です。
ただ写真を送って来て、それを中川さんが記事にしていたのです。
懐かしい言葉が並びます。
すでに盛り付けの指導もしているし、内容はしっかり今のむそう塾の基本が入っていますね。
昔からレベルが高かったなぁ。

さて、記念すべき1,000回目の玄米投稿なので、ビッグなプレゼントを差し上げます。
単発1回の無料受講ができる権利です。
講座申込みの時に備考欄に書いてご使用ください。
さっこちゃん、おめでとう!

 

4a8b3dc9be82cc2607199c7341dd58e3

 

(中川式小豆入り玄米ご飯 炊いた人:Fu(24−6)さっこさん)

それにしても、1万枚以上の玄米写真を見つめ、的確なアドバイスをし続けている中川さんって、やはり凄いエネルギーのある人です。
そして、並外れた根性と忍耐力のある人ですね。
きょうはちょっといつもと違う中川さんの写真を載せておきましょう。
何年か前に中川さんのお嬢さんと一緒に、3人でお食事に行った時のものです。

 

oyajiicon1

 

お食事前にちょっと梅酒を飲みました。
そうしたらこんなに赤い顔になったのです(笑)
私が古〜いiPhoneで撮ったのですが、中川さんの優しさや人間味が溢れていて好きな写真です。
目の前には愛するお嬢さんがいるので、こんなに穏やかな表情をされているのです。
強い絆の素敵な親子です。
料理上手な中川さんは、子育て上手でもあると確認しました。

 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. さっこ より:

    えー!!!!

    美風さん。。。
    今、中川さんのところへコメントしてきたところで
    その後こちらの記事を拝見して、驚いています。
    もう、たくさんたくさん頂いているのに、
    いただいてばかりなのに、
    なんとお礼を申し上げたらいいのか
    本当に本当にありがとうございます。涙。

    これからもずっと学ばせてください!
    よろしくお願いいたします!

    えーーん

    • マクロ美風 より:

      これは単なるラッキー!というものではなく、さっこちゃんが日々頑張ったから引き寄せたものですね。
      毎日よく頑張っていると思います。
      先日の愛クラスでも、逞しくなったさっこちゃんを見て嬉しかったです。

      講座の種類は問いませんので、お好きな講座でご使用ください。

  2. さっこ より:

    美風さん、中川さん
    本当にありがとうございます。
    わたしは、何もしていない気がします。
    中川さんと美風さんにご指導いただけるのがうれしくて、ただただそれだけなんです。
    他の方の投稿やそれに対するアドバイスも、学びが多くて深くて、みんなすごいなぁと思っていました。
    今期の桂剥きも熱いですし、わたしもがんばろ!と励まされていました。
    おふたりからのエールだと受け止めて、ありがたく受講させていただきたいと思います。
    (と言いつつ、陰性な私はもったいなくてそのチケットを使えなかったりするはずなんです。。笑)
    本当に感謝しています。
    1000回以上に渡る玄米ご指導、本当にありがとうございました!
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  3. stun より:

    凄いですね、1000投稿。こつこつこつこつ、本当に中川さんの職人ぶりには頭が上がりません。
    久しぶりに、私が投稿していた記事を見直してしまいました。当時はまだこの仕事にはついていなかったのですが、中川さんが私のことをプロとして扱って厳しく楽しく指導されていたのを、投稿記事を読みながら思い出しました。
    4年前のあの時は、まさかこうして毎日一升飯を炊きづつける日が来るなんて当時は全く思いもしませんでした(3ヶ月後に妻の妊娠がわかって、この仕事を継ぐことになったのでした)。
    確かこの後、愛クラスはプロ禁止になったのですよね。風さんと中川さんが僕ら2人のために待っていてくれたのじゃないか、なんて勝手に思っております。本当にありがとうございました。
    あの時のことを思い出しながら炊いた今日の玄米、なかなか(私には)イイカンジの男飯に炊き上がりました(女性のお客様には少し陰性さが足りなかったかな?)。
    中川式はどんどん進化しているのに、私は未だにフィスラーロイヤルで炊き続けていますが…なかなか再びむそう塾の門を叩くことができませんが、益々の発展を祈念しております。
    ありがとうございます。

    • マクロ美風 より:

      stunさん、お久しぶりです♪

      実際には1万を超える数のアドバイスをしているんですよね。
      当初はあらゆるお鍋に対応していたので、鍋の種類ごとのアドバイスを使い分けていました。
      しかし、それを読んだ人が混乱するので、読者のことも考えてお鍋の種類を絞ったのです。
      そうして残ったのが1種類のお鍋です。

      業務用ではお鍋の選択肢は多くありませんが、お鍋が炊き上がりを大きく変えることは確かです。
      今となっては自力で模索していただくことになりますが、米どころであるがゆえに炊き上がりが楽しみですね。

      また新潟に行く機会があったなら、必ず寄らせていただきます。
      えみこさんにもよろしくね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です