炭水化物抜きダイエットの弊害

ああ、また来られました。
炭水化物抜きダイエットで体調を悪くした人が・・・。
私のブログを見てくれた人からメールがあったのですが、炭水化物抜きダイエットをされて、いま過食と嘔吐の繰り返しなのだそうです。
このような人が実に多いですね。
ダイエットにも色々な方法がありますが、炭水化物を抜くのは主食を抜くことですから、マクロビオティックの陰陽から考えても骨抜き状態になるということです。
主食がなければ肉体も精神もグラグラになるのは当然です。
先日「ご飯の量」という記事を書きました。
これはマクロビオティックをしている人だけでなく、白米を召し上がっている人にもぜひ実行してほしいことなんです。
ご飯はおかわりして食べる。
これで初めて主食としての役目を果たせるのです。
同じく過去記事で「炭水化物ダイエットから玄米ご飯への軌跡」があります。
いま記事を書くためにもう一度読み返したのですが、あの頃のYaさんを懐かしく思い出します。
あの後Yaさんは「第2期 幸せコース」を受講され、来年の「第2期 上級幸せコース」にも来られる予定です。
その間に彼氏もできて、今は毎日グングン明るく笑顔がはちきれんばかりの人になっています。
幸せコースももう一度復習のために受講しようかな?という勢いです。
と同時にお肌がすっごく綺麗になって、とにかく表情がイキイキしています。
美人度が増して来ました!
恋をすることの素晴らしさを彼女は身をもって教えてくれています。
日本人はやはりお米を食べてこそ日本人なのです。
パンでもパスタでもないのです。
主食があって副食がある。
このけじめのある食生活を大事にしてこそ、日本人の崇高なる精神もあるのです。
そのことにもう一度想いを馳せてほしいなと思います。
お腹が空いたらご飯。
それも玄米ご飯ならなおよろし。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. Ya(32-1) のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    記事を読んで悲しくて、そして自分が出てきて恐縮しました。

    あのダイエットだけは、いまでも後悔しています。
    確かに痩せました。
    でも、心とからだが壊れてしまいました。
    今から思うと、痩せることでしか自分の価値を見出せなかったのです。
    そして、拒食に続く過食。
    拠りどころだった痩せている自分がいなくなり、自尊心も傷つきました。

    むそう塾に出会い、ご飯を食べないということがどういうことかを知り、
    流行ではなく生きていくための玄米ご飯を炊くようになり、
    そのままの私でいいと受け入れてくれる人に出会い、
    ようやく長いトンネルから抜け出せそうです。

    でもいまだに、何かのはずみで過食することがあります。
    きっとそれだけ、心身に与える打撃は大きかったのだと感じています。

    恥をさらすようですが、誰にも私のような思いをして欲しくありません。
    怖がらず少しずつでも、主食を、ご飯を食べていただけたらと願っています。
  2. マクロ美風 のコメント:
    Yaさん、こんばんは。

    ああ、思い出しましたね。
    でも、もう大丈夫ですよ。
    たまの過食を入れても、しっかり玄米ご飯が入っていればカバーできる部分がたくさんあります。
    つまり精神的な安定が得られることになります。

    問題は過食に至るまでの思考過程です。
    これはストレスの処理がうまくいかない人に多く見受けられます。
    ですから、食べることでストレスを解消するのではなく、どうしたらストレスを減らせるか、この点に注目なさってみてください。
    これはね、答えを先に言ってしまうと、陰陽のバランスをとれば良いのです。
    その方法は幸せコースや上級幸せコースでお伝えしています。
    しっかり復習しましょう。
    応援していますから、一緒に頑張りましょうね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です