「陰陽ひとり立ち講座」投稿 17

<陰陽1-5さんへ> マクロ美風より


食事日記を拝見して感じること。
それは全体的に見て、あなたは何をしたいのかということです。
陽性に持って行くメニューがあるかと思えば、陰性の見本のようなメニューもあります。
何かの情報で得たアトピーに良いといわれるものを掻き集めたメニューのように感じます。


陰陽ごちゃ混ぜのメニューより、今は陽にもって行きたいとか、今は陰にもって行きたいというように、自分が目指す陰陽の方向性を決めることが大切です。
その結果体調が変わってきて中庸になったら、その状態をキープするようにします。


今のメニューだと、陽へ行こうとしても足を引っ張るメニューがあり、陰に行こうとしてもブレーキをかけるメニューがあります。
そうすると足踏み状態が続くので、一定期間はどちらにするか方向性を決めてお料理をなさると効果が出やすいですよ。


次にご質問の件です。
 葛練り(や葛湯)は私の体の状態にあっているものでしょうか?


これは変ですね。
私はあなたではないのです。
あなたの体はあなたしか知らないのです。
ですから、葛があなたの体に合うかどうかは、あなたが決めなければなりません。


 前の晩食べすぎた時や便秘の時、またはあまり食欲のないときでも朝食はとったほうがよいでしょうか。


これもおかしいですね。
あなたが頭でお食事をしている証拠です。
これではいつまでもアトピーは良くなりませんよ。
自分の体は自分が治すのであって、あなたの頭が治すのではありません。
ましてや私でもありません。
アトピーを治したいお気持ちは、痛いほど分かりますが、だからこそ他人の意見よりご自分の体の反応を優先させましょう。


 菓子類への未練は今のところありませんが、芋栗南京そして豆系には弱いです。
間食としてまたはデザートとして、食べるのはどうでしょう?


一日のトータルとしてお考えになってください。
それらの物がもつ陰陽を良く考えて、あなたの目指す方向性に合っているかどうかも含めて決めてくださいね。


アトピーとのお付き合いはなかなか大変です。
今回のようにお薬を利用されるのも、現実の生活を考えると致し方ないかと思います。
あなたのご努力が実を結んで、お薬のいらない日が早く来てくれますように。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 陰陽ひとり立ち講座 パーマリンク

コメント

  1. 陰陽1-5 より:

     細やかなご指導ありがとうございました。
    ご指摘のとおり、開始当初は陽を強く意識していたのですが、今回は中庸をめざすべきなのかと考え、あのとおりの献立となりました。

    一生懸命考えたつもりのメニューにも、ふらふらしている現状が、はっきりと現れていることに気づきました。

    今回のご指導で、もやもやの中から行くべき方向が少し見えて来たような気がします。
    でも、自信はあまりありません。
    まだまだうろうろすることと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

  2. マクロ美風 より:

    1-5さん、おはようございます。
    この講座は病気治しが目的ではないのですが、あなたからのご質問はアトピーを治すための一点に絞られ過ぎていました。
    私の経験上、お気持ちはとっても良く分るのですが、そのようにしている時って結構良くならないんですよ。
    むしろ、「いいや、そのうちに治るだろう」と開き直った方が、良い方向に進むことも結構あります。
    この理由はお分かりですか?

    それは「氣の集中」というものです。
    アトピーに気が集中していると、いつまでもアトピーが治らない現象があります。
    反対にアトピー以外のところに氣を持って行く時間を多くすると、結構快癒することが多い現実があります。
    こんなことも頭に入れて、違った視点からアトピーとお付き合いしてみてくださいね。

  3. 陰陽1-5 より:

    美風さん、暖かいアドバイスありがとうございます。
    コメントしていただいたこと、なんとなくわかるような気がします。
    「もっと充実したより良い生活をしたい」
    という気持ちが先走りして、アトピーのせいでそれができない・・・なんてことにしてしまっている部分があるのだと思います。
    もう少しあたりを見回す余裕をもてるよう、そしてその中にぶれない自分が居られるようやっていけたらと思います。
    感謝です!

  4. マクロ美風 より:

    こちらこそ、私の生意気な言葉を受け入れてくださって、ありがたく思います。
    向上心との兼ね合いでおつらい立場なんですね。
    でもね、ストレスはアトピーには大敵ですから、努めてストレスにならないような生き方をしましょうね。
    一緒に乗り越えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です