「気がついたらマクロビオティックだった」

とあるところで、「気がついたらマクロビオティックだった」という言葉を目にしました。
この言葉を最初に使ったのは、中川善博(旧 中川屋善右衛門)さんと天野朋子先生です
当時の中川さんは、「中川屋善右衛門」なんて、舌をかみそうな入力しにくい(笑)名前をかたっておられました。
中川善博さんと天野朋子先生の共著「ニューベーシック マクロビオティック」(日貿出版社)の第1ページ目にその言葉はあります。
              *    *    *    *
<ニューベーシック  マクロビオティック>より
気がついたらマクロビオティックだった
もっともっとたくさんの方に
マクロビオティックのおいしさ・たのしさを
気軽に味わっていただきたい。
そんな思いを込めて、この本をつくりました。
身体にいいから食べる、のではなく、
おいしいから食べたい、食べさせたい。
そうやって毎日のごはんをつくっていたら、
気がついたら身体もすごく喜んでいた。
まずはそんな風に、始めてみませんか。
気がついたら、いつのまにか、
マクロビオティックな暮らしになっていた。
そんな私たちの実感を、
東京と京都から、お届けします。
この本が、どうぞ皆さんの毎日の
おいしいごはんづくりの、ヒントになりますように。

                 *    *    *    *
(注)
この本の中に登場する玄米ご飯の炊き方は、「中川式」ではありません。
天野朋子先生の炊き方です。
共著ゆえ、お二人のお料理が混在します。
お料理の写真はすべて中川善博さんが撮影しています。
111Pと113Pにそれぞれの担当したお料理一覧がありますが、お料理ごとに書かれていた方が判り易いのにな?と思います。
時々中川さんのメニューだと間違って質問される方がいらっしゃるので、念のために書かせていただきました。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. azukki より:

    「気がついたらマクロビオティックだった」
    私も、とあるところで、このフレーズを目にしたところです(笑)

    そして、ちょうど、『ニューベーシック マクロビオティック』をパラパラ見ていたところです。
    あ、でもこれは偶然ではなくて、このところずっと台所のレシピ立てにこの本を置いてあり、毎日のように見ているのです。

    「気がついたら・・・」というのは私も理想です。

    身体にいいから食べる、のではなく、
    おいしいから食べたい、食べさせたい。

    中川式の玄米ごはんを知ったとき、私が思ったことはまさにこれでした。

    そして幸せコースに通うようになった今、他のお料理についても同じように思っています。
    (まだまだ修行中ですけれど!)
    プロの味を家庭でも、の謳い文句のとおり、幸せコースで習うことは、どんなことも、毎日の台所仕事に即、役に立つことばかりです。
    どんな所作にも意味があることを知り、教えていただいたとおりにやってみると、前とは全く違った美味しさになります。
    それこそ野菜の切り方ひとつで、味も見た目もかわります。

    先日、大根サラダを作ったら、夫が
    「これは大根か!?」とちょっと驚いていました。
    我ながら、きれいに切れたなーと思っていたのでうれしかったです。

    幸せって、ふと、気づくこと。
    ふだんのごはん、ふだんのおかずが一番美味しい。
    そのことのありがたさ。

    「美味しい料理がもたらす影響」「新しいマクロビオティックの試み」の記事へコメントしそびれたので、全部合わせて長々と書いてしまいました。
    「幸せコース」に「幸せ」と名づけられたことの意味の深さに、今ごろ、思い至っています。
    美風さんと中川さんが、どれほどの熟考と議論と準備重ねて、むそう塾を開かれたのか、ということも。
    今、むそう塾に出会えてよかった、と心から思っています。
    ありがとうございます。

  2. azukki より:

    すみません、先ほどのコメントの最後の方、「新しいマクロビオティックの試み」ではなくて「~の形」ですね。
    大変失礼しました。
    長い文章を書いて頭がクラクラしてました~。

  3. エリコ より:

    気づいたらマクロビオティック・・・それが一番いい。いいですね。

    私もここ数ヶ月、お腹の子の影響でマクロビオティックと再会していました。偶には口にしていたお肉もお魚も乳製品も、すべて一気に身体が受付なくなってしまったことが切っ掛けでした。

    でも、最近、マクロビオティックというものに心がどうも囚われ過ぎている感じがあって、悶々としています。

    そして、今日はとうとう久しぶりに過食の軽いのを(食べるものを選びつつも)ぶり返してしまいました。なんだか、お腹の子とも、夫とも、自分とも、切り離されたような孤独感を久しぶりに感じました。

    なんだかマクロビオティックとは、いい感じで付き合うことが難しいです。最近改めて感じること、それは主食がほんとうに美味しいことの大切さ。私の炊く玄米は美味しくないのです。テンションが下がるのです。

    幸いなことに、8月に帰国する際に、愛クラスに参加できます。嗚呼、自由に、軽やかに、なれるといいなあ・・・

  4. マクロ美風 より:

    azukkiさん、おはようございます。

    「気がついたらマクロビオティックだった」って入り方は、自然体でいいな~と私も思っています。
    当時は私にとっても過渡期で、そんな文章をたくさん書いていました。
    中川さんと息が合うな~って思ったのもこの頃でした。

    「幸せコース」「愛クラス」の名前は、実はそこまで考えてつけました。
    他にない名前なので安っぽく見られるだろうかなんて思ったものです。
    宝塚のような名前も浮上したりしました。
    でも、目的をそのまま名前にするのが一番分かりやすいからということで、この名前に落ち着きました。

    「むそう塾」を受け入れてくださって、本当にありがたく感謝しております。
    azukkiさんのこれからに期待しております。

  5. マクロ美風 より:

    2通いただいたので、もう一つ。

    あら、頭がクラクラしてしまいましたか~?
    それでは梅醤番茶でもどうぞ(笑)

  6. マクロ美風 より:

    エリコさん、おはようございます。

    >最近改めて感じること、それは主食がほんとうに美味しいことの大切さ。

    このことを知って実行できたら、過食は治まりますよ。

    >でも、最近、マクロビオティックというものに心がどうも囚われ過ぎている感じがあって、悶々としています。

    大丈夫ですよ。
    8月に「愛クラス」で目からウロコがポロポロ落ちまくるはずです。
    「な~んだ、そうだったのか!」って、一気に気持ちが楽になるはずです。

    「中川式玄米ご飯」は絶対美味しいですよ。
    つわりで玄米ご飯が食べられないと言っていた人が、お代わりして召し上がってくれるほどです。
    しっかりとマスターして、赤ちゃんの土台を玄米で作ってあげてください。

    今度こそ、スムーズに帰国出来ますように。
    海を越えてパスポートが渡る人の第2号になりますように。
    応援しております。

  7. Fiona より:

    マクロ美風さん、こんにちは。

    玄米にして約一年になりましたが、体調がおもわしくなく、こちらのリンク先や漢方の先生に相談した結果、今の私には玄米が強すぎるといわれました。
    なんでもかなり体が弱っているらしく、玄米は陽性すぎるのだそうです。

    せっかく玄米の美味しさに目覚めたのに、残念です。
    今日はお米をとりあえず、5分付き米に精米してもらいました。

    こういう私でもマクロビオティックといえるのでしょうか。

  8. エリコ より:

    美風さん

    こんにちは。
    大丈夫ですよ、という一言にホッと脱力する私です。

    嗚呼、はやくお会いしたいです!

    飛行機がちょっぴり心配ですが、今度は大丈夫そう!

    では、8月を楽しみにしています。

  9. マクロ美風 より:

    Fionaさん、こんばんは。

    >なんでもかなり体が弱っているらしく、玄米は陽性すぎるのだそうです。

    う~ん、どのような方にご相談されたか存じませんが、体が弱っているから玄米ご飯ではなく5分搗き米というのは納得出来ませんね~。
    身体が弱っているからこそ、玄米を摂って元気にならなければおかしいと思いませんか?

    その方々は玄米ご飯に対する認識が違うのではないでしょうか。
    もしかすると、玄米ご飯は消化が悪いというように。

    中川式の玄米ご飯は、通常の玄米ご飯とは違います。
    驚くほど消化が良いです。
    その消化力のお蔭で、今まで玄米ご飯を食べられないほど胃腸が弱かった人でも、すんなり入って驚いています。

    一般論だけでなく、ご自分の力でも確かめることが必要だと思います。
    食養の世界では、何も入らなくなっても、玄米スープさえ入れば、あるいは玄米クリームさえ入れば助かるというほど、玄米の力は凄いものなんです。

    >こういう私でもマクロビオティックといえるのでしょうか。

    もしかして、玄米を食べなければマクロビオティックとは言えないと思われているのでしょうか?
    そんなことはありません。
    何を食べてもマクロビオティックです。

    そんなダメダメマクロビオティックは早く卒業しましょう。
    今のFionaさんにとって、一番大切なことは、身体が最も必要とするものを摂ることです。
    その結果が分搗き米であったとしても、それも立派なマクロビオティックです。
    ご安心くださいませ。

  10. マクロ美風 より:

    エリコさん、こんばんは。

    大丈夫大丈夫。
    今度は機が熟してくれることでしょう。

    お会い出来るのを楽しみにしています。

  11. Fiona より:

    マクロ美風さん

    アドバイスをいただきありがとうございます。
    元気がでてきました!

    こちらのリンク先のかたのアドバイスは電話で
    ほんの少し相談しただけでしたし、
    漢方の先生は漢方ご専門ですから、

    改めてCI協会などの相談をきちんとしてみようと
    思います。

    玄米クリームのことはすっかり忘れていました。
    つくってみます。

    ご面倒おかけしました。
    ありがとうございます。

    *****

    エリコさんは帰国してむそう塾に参加できる
    ようになったのですね!よかったですね!

  12. お花(16-3) より:

    『マクロビオティックのおいしさ・たのしさを
    気軽に味わっていただきたい』この文章を読み
    さっそくニューベーシックの本を購入しました!
    (ちょっと、遅いですね)
    万願寺とうがらしのレシピを作りました。
    とっても簡単で、めちゃめちゃ美味しく♪
    これ本当に自分が作ったのか?と思うほどに(笑)

    毎日仕事や色々考えることがあり、疲れた頭でも
    楽しく美味しい物がこんなに簡単にできるんやと
    心も満足でした。
    今まで、切り方&素材のエネルギーから味を引き出す!に心が奪われ、、なんかおどおどお料理してた気がします。

    でも、美味しい玄米と糠漬けがあるから・・いいや~と思っていたのですが、やっぱり美味しい”おかず”は心を満たします♪♪
    こんな事はマクロしてない人もみんな感じてますよね。
    マクロにはまり過ぎ(善さんの”間違った!”という突込みが聞こえましたが・・)で、普通の事が飛んで行ってしまい、何か違うものに駆り立てられていた気がします。

    また美味しいご飯のお供、何に挑戦しようかワクワクです♪♪
    大げさかもですが、ちょっと心がパ~と開けた感じです。。

    お花

  13. エリコ より:

    こんにちは!

    お元気ですか?
    (美風さん私信みたいでごめんなさーい!)

    私も妊娠してから急に自分の炊く玄米についてゆけず、日本に帰ったら五分搗き米を試してみようかなと実をいうと思っていました。

    そうなのです。
    まだ油断はできないのだけど(なんとなく海外にいると・・・)、むそう塾に伺うつもりです。
    Fionaさんも早く参加出来るといいですね。
    私もそれを願っていますよー!

    美風さん

    飛行機が墜落してもなんでも日本列島に漕ぎ着きますよー!

    お腹の子にもいい子でいてねとお願いしておきます。

  14. Fiona より:

    マクロ美風さん、おはようございます。
    私信申し訳ありません。

    エリコさん、おはようございます。

    私は漢方を使うのは残念だったのですが、
    夏の暑さで余計冷えが悪化して、漢方を
    使わざるを得なくなりました。
    ただ、いままでマクロビオティックをしていた
    からでしょうか、反応は早いと先生にいわれてい
    ます。

    マクロ美風さんからのアドバイスをもらって
    私はやっぱり玄米に戻ろうと思いました。
    だって美味しいんですもの。
    体調をみながら玄米クリームも取り入れようと
    思います。

    エリコさんがむそう塾で美味しい玄米を
    マスターできますように。
    エリコさんのお体も丈夫で、
    元気な赤ちゃんと対面できますよう、
    心からお祈りしています!

    まずは帰国までよい旅になりますように。

  15. マクロ美風 より:

    お花さんはウロウロしすぎー(笑)

    マクロビオティックとは自然(宇宙)に即して生きること。
    宇宙のリズムに合わせて生きること。

    このことを理解していたら、そんなにウロウロしなくていいはずです。
    リズムのお手本は自然界にあります。
    その自然を意識して生きようよ、といっているのが「むそう塾」です。

    「むそう塾」と心中する気になって、中川さんにかぶりついてみてください。
    「ほんまもんの男」が見えて来ますよ。
    そうしたら、男性選びの基準もできますね。
    幸いにしてお花さんは、中川さんのお膝元じゃないですか。
    どうぞ足繁く「なかがわ」さんに通って(といっても、営業日が少ないか。。。)、中川さんのエキスをいただいてください。

    「気がついたらマクロビオティック」だけでなく、「気がついたら、飛びきりいい女」なんてことが夢ではありません。
    私は嘘をつきません。
    信用してみてください。
    お花さんの人生が変わります。

  16. マクロ美風 より:

    Fionaさん、順番が前後してごめんなさい。
    「玄米が私を救ってくれる」という確信をもってマクロビオティックに向き合ってください。
    体に合わせた玄米ご飯を炊けばいいだけの話なんですから、あまり色々な情報に振り回されないようにね。
    病気は氣で治る部分もあることをお忘れなく。

  17. マクロ美風 より:

    エリコさん、必ず来られるようになりますよ。
    強く思ったことは実現します。
    エリコさんは何度も何度もトライして、やっとそのチャンスがやって来たのですから、その思いは強いはず。
    ご自分を信じて、ご自分の力も信じて帰国の途についてください。
    中川さんも私も、そして同じ日に集まる皆さんも、みんなでエリコさんを待っていますよ。
    あ、小さな命さんのことも待っていますよ。
    まずは冷やさないように気をつけて、日々をお過ごしください。

  18. マクロ美風 より:

    Fionaさん、一つ気になることがあります。
    Fionaさんの炊かれる玄米ご飯は、果たして体に合った炊き方なのだろうかという点です。
    消化の悪い玄米ご飯なら、それを摂ることによって排出の力ばかりが出てしまい、体力が落ちることも予想されます。

    Fionaさんの病名が分からないので、一概にこのようなことは断定出来ませんが、もし、消化力がない状態でしたら、お医者さんの指示どおりに5分づき米でも良いのですよ。

    きちんと消化の出来る玄米ご飯を炊けるのでしたら玄米を、そうでないのでしたら、緊急避難的に分づき米を取り入れることも選択肢に入れてかまわないと思います。
    その辺は、お世話になる先生とよくご相談なさってくださいね。

    何しろ私はFionaさんにお目にかかったことがありません。
    漢方の先生はあなたを目の前にしています。
    体調も把握されています。
    ですから、その先生の仰ることをきちんと受け止めることも大切です。
    まずは信頼関係を築けるように。
    これが私からのお願いです。

  19. Fiona より:

    マクロ美風さん、こんばんは。

    ご心配とご迷惑をかけております。
    私はいくつかの病気(と症状)をかかえていますが、
    それらはあまり深刻なものではありません。
    ただ、体のなかからの冷えがよくないようです。

    私の炊いている玄米さんですが、こちらでは
    やや邪道の炊飯器派です。まだ圧力鍋を買える
    状態ではなく・・・。

    また、私の炊いている玄米さんですが・・・。
    ただの玄米ではなく、玄米と小豆と塩を
    入れてつくる酵素玄米というものを食べています。
    長岡式玄米に似たもの、もどきかもしれませんが、
    この玄米さんは本当に美味しいのです。
    消化もいいように感じています。
    長岡式のように何日たっても、腐りません。
    私はこの玄米が大好きなのですが、
    漢方の先生は・・・。むむむ。

    漢方の先生は私の玄米はだめだというのですが、
    でも、あちらで勧められたのは、緑玄米で、
    結局玄米なのです。私には普通の玄米と
    緑玄米の違いが今ひとつわかりません。
    玄米の赤ちゃんだから体に優しいというのですが。
    また経済的にも厳しいのです。

    私はもうしばらく、その酵素玄米と、
    玄米クリームでやってみようと思います。
    うどんもお餅もありますし。

    マクロ美風さんのおっしゃるとおり、先生との
    信頼関係が第一なので、そこは気をつける
    つもりです。
    本当にこのように声をかけていただき、
    心から感謝しております。嬉しく思います。

    ありがとうございます。

  20. Fiona より:

    説明不足でした。

    漢方の先生が勧めてくださったのは、
    緑玄米か、分付き米です。

  21. Fiona より:

    マクロ美風さん

    こんにちは。
    すみません、自分の上二つのコメントは
    書きすぎたと思います。内容からして
    相談になっているように思います。

    申し訳ありませんが、これを含めて上二つを
    削除していただけないでしょうか。
    申し訳ございません。

  22. お花(16-3) より:

    美風さん

    ありがとうございます。
    ウロウロ、してますね。。

    ほんまですね、もっと善さんところにぶつかって
    いきます!
    ありがたいです。

    何度も自然にお手本があるよ、丹田意識してね、
    と教えてもらい・・・何時になったら分かるんやろ?って思ってるのですが、真剣に感じようと昨日の
    幸せコースでも思いました。
    ”いい女”目指してがんばります♪
    楽しみです☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です