帯津良一著「心の掃除で病気は治る」

帯津良一。
この人は私の住む街のお医者さんです。
有名な方なので、ご存知の方も多いでしょうね。
そして、「粗食シリーズ」で有名なあの幕内秀夫さんは、この病院の食事指導をされています。
お二人とも正面からマクロビオティックを推奨されているわけではありませんが、限りなくマクロビオティックと重なり合います。
そんな帯津先生の最新本「心の掃除で病気は治る」をご紹介します。
この本は中学生や高校生向けに書かれたもので、難しい漢字にはふり仮名がふってあるほど。
ちょうどお正月に読むには最適な薄さです。
一日かからないですね?。
活字も大きいので、立ち読みで読めてしまうほどです。
              *    *    *    *
「マクロビ井戸端会議」の時も、「美風ゼミ」の時も、そして今「むそう塾」でも、心の問題を抱えている人の多さに、本当にびっくりしました。
30歳を越えても40歳を越えても、幼い時に受けた心の傷は尾を引きます。
本人の力ではどうしようもない面があって、精神科や心療内科に通ったり、止めたり、苦しみながらマクロビオティックにすがって来る人も多いです。
そのような人が玄米ご飯を炊かれると、正直に心の状態を反映したご飯の仕上がりになります。
玄米ご飯は白米と違って、実に多くの情報を具現化してくれます。
ですから、玄米ご飯を炊きながら心の荷物を解きほぐしていくことが可能なのです。
中川さんと私が「むそう塾」を始めて、そのことを日々実感しているのですが、この「心の掃除で病気は治る」を読むと、まさにそのことが裏側から書かれているような気がしました。
お正月の記事で「愛」について書こうと思っているのですが、その地ならしとしても「心」はしっかりと把握したいテーマです。
今は大掃除のシーズンですが、心の大掃除も必要ですね。
              *    *    *    *
この本の中にこんな言葉がありました。
ホリスティック医学には、「修理工をやめて庭師になろう」というスローガンがあります。
機械を修理するように患者さんに向かうのではなく、木や草花に語りかけるように患者さんに関わっていこうという意味です。
庭師が一本一本の樹木や枝ぶりや葉のつき具合を見ながら手を入れていくように、医療者が患者さん一人ひとりと、心やいのちも含めて、まるごと全人的に対していく。
それがホリスティックな癒しの医学です。
(103?104Pより抜粋)
書  名  心の掃除で病気は治る
出版社    文芸社
定   価    1,200円+税


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. ともちん より:

    美風さん、先日のむそう塾ではありがとうございました。
    美風さん、中川さんの素晴らしい「気」や「愛」をたくさんいただきまして、とても感謝しております。

    紹介してくださった本、休み中にぜひ読んでみます。

    私もすみずみまで心の大掃除をして、美味しい玄米を炊き、自分が思い描いている理想とする人物像に少しでも近づけるよう、日々、精進します。

  2. マクロ美風 より:

    ともちんさん、こんばんは。
    「美風ゼミ」に引き続き、「むそう塾」にもお越し下さいまして、ありがとうございました。
    中川さんの氣は、どんどんアップされています。
    その勢いのある氣を充電していただきましたか?
    「愛」は「むそう塾」のテーマです。
    どうぞ、これから「むそう塾」で本物の愛を獲得して、お幸せになってくださいね。

    「心の大掃除」は多くの人に必要だと思います。
    定期的に心もクリーニングして、いつも清々しい気持ちでいたいですね。
    そうすると、ともちんさんの笑顔が天井のない底抜けの明るい笑顔になりますよ。
    応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。