鈴木猛夫氏の活動について

昨夜遅く(というより、きょうの午前1時ごろ)高松から帰宅しました。
帰宅してみると、ブログが面白い展開になっていました。
流れは下記のとおり。
なかなか”さんのブログで「学校給食辞退とお弁当について」の記事が反響を呼んでいました。
さらに、「学校給食とアメリカ余剰農産物」の記事に、“モスラ”さんから情報が寄せられました。
それとは別に、私のブログにコメントを下さった“モスラ”さんの文章に、“なかなか”さんへのコメントに関する記述がありました。
そして、それを読まれた“たま”さんが“なかなか”さんのブログに飛んで行ってコメントをされ、私の所にもコメントをくださいました。
不思議ですね?。
廻りまわって繋がっているのが良くわかります。
ここでの共通点は「学校給食」なんですが、その背景にはアメリカの小麦戦略があります。
私も3年ほど前に「食生活欧米化の真の原因」と題して、関連記事を書いています。
よろしければご覧下さいませ。(下記参照)
*    *    *    *
なお、「学校給食とアメリカ余剰農産物」の記事に登場する“鈴木猛夫”氏は、3年前のちょうど今頃の季節にお会いしました。
アメリカの小麦戦略についてとても熱く語られ、沢山の資料も頂きました。
何かにとりつかれたかのように積極的に講演活動をされていて、私もいくつかの会場でご縁を頂くことが出来ました。
余談ですが、とてもハーモニカがお上手で(ハーモニカ奏者なので当然ですが)、いつもハーモニカを持ち歩いていて、気軽に聴かせてくださいました。
しかし、残念ながら鈴木猛夫さんは、今年急逝されました。
伝え聞くところによると、なんでもウイルスが脊髄に入り、脳にまわってしまったためだそうです。
その間2週間あまり。
最初は腰の激痛を訴えて病院に行ったそうですが、ギックリ腰と診断されてウイルスに対する治療が手遅れになったそうです。
ご冥福をお祈りいたします。
鈴木さんは亡くなられましたが、鈴木さんが必死になって訴えたことは確実に伝えられつつあります。
私も鈴木さんから影響を受けた一人です。
そして、マクロビオティックの観点からも玄米ご飯の大切さを伝えたくて、「むそう塾」を始めたいきさつがあります。
もう一度関連記事から、日本人の主食である「ごはん」を見直して頂けたら嬉しいです。
「食生活欧米化の真の原因」(2006/1/5)
「食卓の影の星条旗ー米と小麦の戦後史」 (2008/8/1)“たま”さんのブログ
◆松見歯科診療所さんで、「食卓の影の星条旗ー米と小麦の戦後史」の録画をDVDに収録しております。
お勉強されたい方は松見歯科診療所さんまでお問い合わせくださいませ。
メール:mukhayuan@matsumisika.jp
TEL:受付の川田さんまで(087?881?2323)


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. モスラ より:

    風さま。
    ご迷惑をおかけしたのではないかと、危惧しておりましたのに、フォロー記事まで書いて下さって、有難うございます。
    今更ながら、みなさまの意識の高さと、啓蒙精神の旺盛さに、感心致しております。
    一人でも、多くの方に見ていただきたいですね。
    取り急ぎ、お礼まで。

  2. たま より:

    美風さんがこんなに頑張っているんだもんって思ったら、私もつい、昨夜は徹夜になってしまいました。

    美風さんはちゃんとお休みになられましたか?
    無理はなさらないでくださいね。

    モスラさんのお陰で、また、「食卓の影の星条旗」をたくさんの方にご紹介することができました。モスラさんありがとうございます。

    そして、美風さんのさらに素晴らしい記事。
    本当にありがたいです。

    若いお母さんには、是非、ご覧になってほしいDVDです。申し訳ありませんが、ダビングが我が家でできないので、プロにお願いしております。ダビング代・送料(メール便なので80円です)は実費かかりますが、よろしくご負担くださいませ。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。