男のマクロビオティック(料理)

4月12日、いや正確には13日の午前1時13分。
携帯にメールが届きました。
件名は「わーい」。
その日、新潟では「男のマクロビオティック居酒屋」が開催されていたのですが、その呼びかけ人であるstunさんからのメールでした。
余りにも楽しくて、嬉しくなってメールをくれたそうなんです。
私も嬉しかったですね?。
ちょっと聞いてクダサイナ。
なんと! 
仙台富山からも、新潟に来てくれたんですって!
だって、1週間前に突如呼びかけて、突如開催したのに、急遽駆け付けてくれるなんて、最高に嬉しいですよね?。
かねがねstunさんは思っていました。
男には男のマクロビオティックがあるのではないかと。
女に押し付けられるマクロビオティックではなく、男はこう思うということを語り合いたいと。
そして、何年も前から思っていたことを、突如実現されたのです!
              *    *    *    *
私はいつも言い続けます。
決して奥様のマクロビオティック料理を、ご主人やお子さんに強制しないでくださいと。
みんな体の要求が違うのだから、それぞれに合わせたマクロビオティックを実践してねと。
結論から言って、男性は女性から指図されることを好みません。
男性の本能には、やはり女性をリードしたい気持ちが内在しています。
こと食べ物に関しても、それは同じです。
ですから、女性はグダグダと理屈をこねないで、とにかく美味しいものを作るのです。
食べ物は美味しいことが一番です!
美味しくなければ、いくら体にいいと言われても、男性は食べたがりません。
ハッキリ言って、男性は「栄養がどうのこうの・・・」って、あんまり関係ないんですよね?。
(たまに関心のある男性もいますが)
結局、男性はちょっとパンチの効いた味に惹かれます。
そのパンチさえ押さえておけば、妻のお料理はマクロビオティックであってもなくても大して重要ではないんですね?。
そうそう、子供も男性と同じく本能的に食べますから、やっぱりパンチが好きです。
どうです?
あなたのマクロビオティック料理に、パンチはありますか?


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. stun より:

    記事にしていただいてありがとうございます。
    本当に、突然の呼びかけにも関わらず集まってくれた友人達(と呼ばせてくださいな)のおかげで素晴らしい時間を過ごせました。
    またやりたいです。
    いろいろ思うところがありますが、それはまた自分の日記の中で。

  2. マクロ美風 より:

    stunさん、楽しそうでしたね~。
    (って、見ていたかのようですが・・・)
    わこうちゃんの記事を見ても、それが伝わって来ます。
    何やら、今年はメンズマクロビアンが燃える年なのかも?

  3. わこうちゃん。 より:

    いやー、いろいろあったけど、行ってきましたよ。わははー。

    まくろび庵のBLOGの方にも記事を書きましたので、
    トラックバックさせていただきましたー。

    よろしくおねがいしますー。

  4. マクロ美風 より:

    ついに行きましたねー!
    乾杯!!!!!
    わこうちゃんとstunさんがハグしてる姿を想像したら、鳥肌が立つくらい嬉しかったですよ~!
    燃えろ!男たち!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。