善右衛門さんの本豆餅(お大福)

待ちに待った、善右衛門さんの「本豆餅」が、きょう届きました。
室温で解凍すること4時間。
まだ冷たい感じがしたので、もう少し待ってからいただくことにしました。
すると、お茶の時間ではなくて、夕食が近くなってしまいました。
息子(17歳)が夕食前(17:55)に、「お腹がすいたぁ」と言うので、ちょっとためらいましたが、「本豆餅」を食べさせてあげることにしました。
普段は、食事前にこんなことは絶対しないのですが、食事前の方が味がよく分かるので、あえて、食事前を選んだのです。
私と一緒に「本豆餅」を食べた直後(18:10)に夫が帰宅したので、事情を説明して先に「本豆餅」を食べてもらいました。
そんなわけで、今晩の夕食は、いつもより大幅に遅らせて、20:00からにしたのです(ゴメンね家族)。
* * * 「本豆餅」の感想 * * *
   息子 :「うまい!、これどこの?」
        「今度から、これいっぱい買っといて」
             「ん?いつものより皮が元気だね」
        「なんか大きいなぁ」
       「アンコがくどくないね、さっぱりしてるね」
   夫 : 「皮がうまいね」
      「塩が強いかな」
      「う?ん、やっぱり皮に味があるなぁ」
      「竹の皮が善右衛門さんらしいね」
    私 :「皮にコクがあるわ」
      「もう少し皮がほしいなぁ」(皮が美味しいので)
      「もうちょっと、甘みが少なくてもいいね」
      「もう一回り小さくてもいいねぇ」
          *    *    *    *
☆ 善右衛門さんへ ☆
家族が口にした言葉を、遠慮なく、そのまま書いてみました。
共通だったのは、やはり、皮の美味しさでしたねぇ。
色・弾力・コクなどは、一般の豆餅に絶対ないものだと思います。
特に、「豆餅の皮にコクを感じた」のは、初めての経験です。
白米のご飯を食べていて、玄米ご飯を食べると、真っ先に感じるのが、このコクだど思っています。
玄米ご飯に感じるあの深みのある味が、そのまま豆餅の皮に存在していて、感動しました。

この皮が、「本豆餅」の命かも知れませんね。
それから、これは全く私個人の好みなのですが、もう少し甘さが控えめでもいいかなぁと思いました。
それは、マクロビオティック的にという意味ではなく、とても皮に存在感があったので、むしろ、アンコは引き立て役に徹した方が、釣り合いがとれると感じたからです。
もし、あの甘さのままだったら、気持ちていどアンコの量を少なくした方が、全体のバランスがとれるような感じがします。
生意気なことを書いて、ごめんなさいね。
でも、試行錯誤の末に出来上がったお菓子に、こうして気軽に自分の感想をお伝えできるご縁を、とてもありがたく思います。
          *    *    *    *
関東では、「お大福」として売られていている「豆餅」ですが、この呼び名は地方によって、どのように違うのか興味のあるところです。
また、大きさもどのように違うのでしょうね。
関東では、善右衛門さんの「本豆餅」の大きさは、一番大きいと思います。
それより小さい大きさが、2段階ほどあります。
京都では、どうなんでしょうね。
お米以外は、私の故郷の材料でつくられている、この「本豆餅」。
手にとって眺め、口にして味わい、心ゆくまで故郷を味わいました。
マクロビオティックへのこだわりを貫いた、美味しく、大満足の「本豆餅」。
私と家族の、生涯の必需品です。
善右衛門さん、素晴らしいお菓子を、本当にありがとうございました。
<追記>
残りの本豆餅が気になって、気になって、もう一個食べてしまいました。
すると、食前に食べたものより、皮が厚めでした(??)
ということで、こちらは、皮とアンコのバランスがちょうど良かったので、上の記事に補足させていただきます。
 
<さらに追記> 4/3  
guguさんから、素晴らしいコメントが届きました。
「本豆餅の甘さ」に寄せる、善右衛門さんの奥深さが伝わる、感激の内容です。
善右衛門さんの、マクロビオティックに対する熱き思いを共有しましょう。
ぜひ、お読みくださいね。 
<さらにさらに追記>4/3
またまたguguさんから、大事なコメントが寄せられました。
次のような内容です。
善右衛門さんは、「ほんとにたま?にいただくお菓子ですからね」と何度も念を押されていました。

肝に銘じましょう。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. sanae のコメント:
    本豆餅ですか… こんな時間でも想像しただけで、ごくりと喉が鳴ってしまいました。



    私も先週、善右衛門さんの、「手作りマーマレードとレーズン入りのパウンドケーキ・ポンセンクリーム添え」を、いただいてきました。



    作る人の心がしっかり入った食べ物は、一口ごとにその人の思いも味わえる、そんな気がしました。



    もちろん、ケーキはずっしりと、クリームはふんわーりと、本当に美味しかったですよ~
  2. マクロ美風 のコメント:
    羨ましい!

    sanaeさん、もう善右衛門さんのお店に行ってきちゃったのね!

    ンモーっ、いいなぁ。

    井戸端会議の時に、詳しく聞かせてね!
  3. せさみ のコメント:
    マクロ美風さん、こんばんわー。

    本豆餅おいしそう~。ってことで、さっそく注文してしまいました。

    いまから届くのが楽しみです。



    いつも温かいコメントをいただいて、ありがとうございました。



    マクロ美風さんには、もっと前に予告したかったのですが、何て言ったら良いモノか。。



    でも、せっかく出会ったマクロビオティック。

    これからも自分なりに実践していきたいと思います。



    以前やっていた自分ブログも、また復活させようかなって計画中です。ちゃんと復活したら、ご連絡しますね。



    それとは別に、ワタシもぜひマクロ美風さんにお会いしたいのですが、いくつかワタシの秘密をお知らせした後でないと。。。

    もしかしたらマクロ美風さんも、びっくりするかもですし。。



    もし、よろしければURLにワタシのメルアドを入れておきましたので、メールください。



    また、遊びに来ますね~。
  4. マクロ美風 のコメント:
    せさみさん、早速コメントいただけて嬉しいです。

    本豆餅は本当に「奥深い」お味でしたよ。

    私は和菓子が好きなので、「私のためにつくってくれたお菓子」のような気がしてしまいました。

    全国の善右衛門さんファンは、きっと同じ気持ちなのでは?、と思っています。



    ところで、「URLにメルアド」って、どこを探せばいいのか、オバさんは分かりません......。

    あっちこっちクリックしてみましたが、それらしき文字が出てこないので、私のアドレスをのっけちゃいますネ。

    macro21@mail.goo.ne.jp

    こちらまでメールくださ~い。



    ちなみに、私はどんなことがあっても驚かないので、安心してください。

    女が男であったとか、くら~い過去があったとか、今警察に追われているとか(失礼)、な~んでもありなんですよ。

    ドーゾ、何でもお知らせくださ~い。

    お待ちしてま~す。
  5. gugu のコメント:
    1日に母を連れて行ってまいりました。お店で本豆餅をいただけて、善右衛門さんの熱いお話もたっぷり伺えて、本当に有意義な時間を過ごすことができました。(気が付くと閉店時間がかなり過ぎていました…汗)

    本豆餅のあんこは少し甘い…と思われますが、そこに善右衛門さんの思いが詰まっていることがわかりました。ごく一般の方たちがひと口食べて「あ~、おいしいね~。これはどこのなの?」とまず関心を持っていただけるぎりぎりの甘さに設定されているのだそうです。「なにこれ~おいしくないわ~」となると、それっきり。おいしくて関心を持って下されば、善右衛門的弐ブログから「京まくろび」へと関心を持たれ、ついでにマクロビオティックを発見してしまい、ついにはその生き方に関心を持たれるようになる…という展開が待ち受けているのですね。全国にむけてマクロビオティックの良さを発信し、一人でも多くの人に伝えたいという善右衛門さんの熱い思いを感じました。また、お料理のこともていねいにアドバイスして下さいます。とてもお優しい方でしたよ。
  6. マクロ美風 のコメント:
    guguさん、こんにちは。

    おー、もう、お店に行かれたのですね!

    いいな、いいな。



    「甘さ」の件は、やはり、そうでしたか。

    善右衛門さんの味覚が、あの甘さに決定するには、何か訳がおありなんだろうな、と思っていました。



    guguさんの解説で、納得がいきました。

    善右衛門さんの熱い思いが、よ~く解りましたよ。

    素晴らしいコメントをお寄せいただきまして、ありがとうございました。



    早速、記事の方に追記します。
  7. gugu のコメント:
    もう少し追加なのですが…。

    善右衛門さんは、「ほんとにたま~にいただくお菓子ですからね」と何度も念を押されていました。

    このことも知っていただければと思います。よろしくお願いします。
  8. マクロ美風 のコメント:
    ギョッ。



    >「ほんとにたま~にいただくお菓子ですからね」



    ということは、私はもう、「本豆餅」発売から相当な月日が経ったことになる.........かも。

    はい、これも追記します。

    大事なお知らせを、ありがとうございます。




  9. 凛ちゃん のコメント:
    はじめまして。いつも楽しく読んでます。

    私はマクロビアンではありませが、京のおばんざいが好きで善衛右衛文さんのブログを見て注文しました。豆もち大好きなのでワクワクしつつも、マクロビの一般人には物足りない味も覚悟しつつ口に運ぶと、私の想像を遥かに上回る美味しさに感動しました。マクロビ、一般食の区別なく、それは美味しい幸せな食べ物でした。善衛右衛文さんのお料理に対する愛のある誠実な考え方が伝わってきました。マクロビを実践していなくても、体に優しい愛のあるお料理を食べたい人が沢山います。そんな人にもピッタリです。
  10. マクロ美風 のコメント:
    凛ちゃんさん、こんばんは。

    なるほどね~。



    >マクロビの一般人には物足りない味も覚悟しつつ口に運ぶと、私の想像を遥かに上回る美味しさに感動しました。



    良かったですね~。

    まさに、善右衛門さんが望んでいたことですね。



    >マクロビを実践していなくても、体に優しい愛のあるお料理を食べたい人が沢山います。そんな人にもピッタリです。



    そうですね。

    マクロビ、マクロビって、井の中の蛙になってはいけませんよね。

    素晴らしい気づきの文章に教えられました。

    ありがとうございました。

    また教えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です