お肌のはなし

私は高校生のころ、ある絵描きにモデルになってほしいといわれたことがある。
喜んで母に告げると、「そんな話に乗っちゃダメ!」と予想に反したコトバ。
理由は、「絵描きはそんなことを言って、女の人を裸にして、最後は弄ばれるから」というものだった。
何だかいい機会を逃したような気もしたけど、お断りした。
それから、高校を卒業する頃になると、化粧品会社の美容部員がお化粧の仕方を教えに来た。
家庭科教室で、2人ほどの生徒がモデルにさせられて、次々と壁塗りされる。
1社では不公平なのか、3社が来て同じことをした。
モデルは、美容部員がグルッと生徒をみまわして、「はい、あなた、前にきてください」と指名される。
私はなぜか、3回とも指名されてしまった。
まったく美人じゃないのに・・・。
その講習会で、美容部員はこういった。
「社会に出て、お化粧をしないのは、下着で街を歩くのと同じことです」
のちのち社会に出た私は、この言葉を守った。
私は一人暮らしだったので、母や姉がお化粧をしていないことは忘れていた。
会社勤めの緊張感から、胃も痛くなり、肌も変わってきた。
何年かすると、肌にポツポツと出来たので、薬局ですすめられた薬をつけた。
効果抜群!だった。
何年その繰り返しをしただろう。
そのうちに、お肌の色がくすんできて、ファンデーションの色も合わなくなってきた。
と同時にトラブルの多い肌になってしまった。
そのころ、ファ○ケ○のチラシがポストに入っていて、目からウロコが落ちた。
説明が納得できたので、手持ちの化粧品と薬は全部すてた。
そして、毎日スッピン生活をした。
(女にとって、これは結構勇気のいることナノダ)
その生活が今も続いている。
お化粧をするのは、儀式としておめでたい事に出席する場合のみ。
だから、年に何回もしない。
         *    *    *
子育てをしている時は、どうしてもお日様にあたることが多くなる。
子供が17歳になった今、私の顔にはシミ・ソバカスが満開だ。
冗談に「子育てのおかげで、お母さんの肌はこんなになっちゃた」と子供にいったら、「すみません」と言うではないか!
オオ、ウブな子よ。(ちなみに男)
もし今、高校の同窓会があったら、私は別人と思われるだろう。
顔だけ色が違うのだ。
化粧品を塗ったところだけ・・・。
お日様のせいなら、手も黒いはず。
確かに手の甲には年齢を隠せない勲章があるけど、顔の色とは違う。
ああ、やっぱり化粧品のせいだったのね?。
あの画家も、あの美容部員も、“お化粧をしていない肌”を見ていたのだ。
         *    *    *
父の四十九日で、姉妹3人が集まって、お肌の話になった。
92歳になる母のお肌がきれい過ぎるのだ。
いつも顔を洗っただけで、何もつけない母の顔は、私の顔より白くてシミが皆無だ。
何本かシワはあるけど、とても92歳にはみえない。
70代でとおるかも。(腰が曲がっているのがザンネ?ン)
ついでに、足をみせてもらうと、ガツ?ン!!
真っ白で、ツヤツヤ☆☆
姉妹3人、息をのむ。
あわてて、自分達をながめる。
まず、長女。母とほぼ同じ。シミもなし。洗顔のみ。
洗顔後のツッパリ感が気持ちいいという変わり者。
続いて次女。乳がんの手術以来肌が変わってしまい、うっすらと薬をぬる。
う?ん、歳相応かな?
そして三女の私。な、なに? 私が一番汚い肌じゃん?一番若いのに・・・。
と、いうわけで、お肌には何もつけていない人が、一番きれいな肌でした。
        *    *    *


そういえば、父は病院に入院してから、顔も洗えず、看護婦さんがチョチョっと拭いてくれる程度だったけど、きれいなつやのある顔をしてたなぁ。
94歳とは思えないほど、張りのある肌だった。
父も母も、マクロビオティックなんて知らなかったけど、結果として、かなりしっかりしたマクロビ実践者の生活をしていたわけだ。
今の私より本物のマクロビアンだ。
う?ん、お肌にマクロビは絶対いい!!!
これが結論でした☆


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. せさみ より:

    マクロ美風さん、こんにちは!

    お子さん17歳ですか!もしかして、マクロの先輩だけでなくって人生も先輩ですね。

    ご家族がそんなにキレイなら、マクロ効果でもとの美しいお肌に戻りますよ!(高校生の頃のように!ウフッ)

    お化粧はやっぱりお肌に悪影響を与えているんですね!(今はどれくらい進化したのかしら?)ワタシもふだんはバリっと仮面つけて、社会と奮闘してますっ。ときどき遅くまで残業の日が続くと、ついうっかりメイク落とさずに眠ってしまって、翌朝ガビーンなんてことも(汗。

    「キレイになりたい!スリムになりたい!」なんて言いながら、こんな生活じゃいかんですね。。。

  2. paru より:

    昔はコスメフリークで新色のコフレなんかは絶対Getしてました。

    それから敏感肌になり、無添加化粧品類を試しました。

    マクロビを始めてからは、メイクはしてますが、スキンケアは手作り化粧水と椿油のみになりました。

    外からケアしても内側から治さないと効果がありませんね~♪

  3. マクロ美風 より:

    せさみさん、年上でもおつき合いくださいね。

    何しろ、せさみさんって、私の分身のような気がするんですよ(ご迷惑でしょうか?)

    ところで、里芋パスターって、お肌にとってもいいの知ってました?

    私は、里芋でかゆくなるタイプなので、ちょっとまずいのですが・・・。

    でも、小麦粉を多くすると痒みは薄らぐのですが、効果も少しダウンするので、それが悩みのタネ。

    それから、お化粧すると、夜お化粧を落とすのがメンドウって時ありますよね。

    特に酔ったとき。

    おお~、コワッ。肌にサイコー悪いよね。

    でも、玄米真面目に食べてれば、必ず変わってきますよ~。

    だって、私のまわりのマクロビアンは、み~んなお肌がきれいだモン。

    男性だって、惚れボレするくらいツルリなんだから。

    これからは、忘年会の季節だけど、ガビーンなんてならないように、イノッテマス。

  4. マクロ美風 より:

    私も20代の頃は、paruさんとおんなじでしたよ~。たまに、若くても、全然お化粧に興味を示さない女の人がいるけれど、ちょっとクセのある人が多いと思いませんか?

    若い女性なら、美しくなってみたいと思うのは自然だと思います。

    それにしても、スキンケアが手作り化粧水と椿油のみになったって、画期的なことですね。

    あとは、玄米を食べ続けるうちに、嗜好が変わってくるから、自然に内側から治りますよ。

    安心しましょう。

  5. fujitamanegi より:

    私はずーーーっとすっぴん派です。たま~に口紅だけ付ける程度。

    マクロビを始める前は高い基礎化粧品にハマり、化粧水・乳液・洗顔・クレンジング・保湿ものに費やす金額は・・・今は考えたくありません。トホホですよ~。

    それでもファンデーションがどうしても嫌で、つけたことはほとんど無いのですが。

    1年ちょっと前には薬疹でぼろぼろになり、皮膚科の抗生剤を塗ったりしましたが、却って悪化して。

    その後、マクロ生活をはじめたのですが最初のころはむしろ湿疹が出ました。今思うと排出だったのかも。

    今は、一時期よりもかなり良くなりました。

    マクロ美風さんは何より心が澄んでいると思います。ブログの文章やコメントを拝見していると伝わってくるんです。

    お肌もさることながら、内面から滲み出てくる美しさってとっても大事だと思います。

    マクロビで心も綺麗になりたいです~!

  6. マクロ美風 より:

    fujitamanegiさんも、すっぴん派なのね♪

    私はアトピー体質なので、よけいどんな化粧品も合わないのだと思います。

    ファンデーションをつけると、ヒリヒリして赤くなるんですよ。

    でも、初めてお化粧した頃は、何でもありませんでした。

    しかし、数年たつうちに、だんだん化学物質が皮膚の中に入り込んだのでしょうね。

    (恐ろしい)

    結局、マクロビを始めたらトラブルはなくなりました。

    不思議です。

    私も、マクロビを始めて数ヶ月くらいは、皮膚の状態がひどくなり、人前に出るのがイヤでした。

    でも、クッキングスクールがあるので、そんなわけにもいかず、先生にご相談しながら乗り越えました。

    お陰さまで、今はトラブルはないのですが、体の色と顔の色がはっきり違います。

    服に隠れるところは、ぜひ人様に見せたいような肌(笑)なのに、もっとも目に入るところが醜いのは悲しいですよね。

    でもね、マクロビではお手当てでシミを薄くする方法があるんですよ☆

    やり方は知っているのですが、なかなか時間がとれなくて、実行に至っていません。

    ところが、それを実行した人がそばにいて、シミのあるところだけお手当てをしたら、白くなってまわりと差がついてしまったと笑っておりました。

    結局、美しくなるには、時間と根性が必要なようで・・・ハイ。

    それから、お誉めいただいて何だか恐縮です。

    「文は人なり」と申しますから、味のある穏やかな文章が書けたらいいなぁ、と憧れの気持ちはあるのですが、一朝一夕に出来るものでもなく、試行錯誤の毎日です。

    皆さんのブログを拝見しながら、勉強させて頂きたいと思っております。

    マクロビで、お互いに「きれいな心」になりたいですね。

    そのためには、ずっと想い続けましょう。

    想い続ければ実現の時がきますよ。

    そして、外も内も、真の意味できれいな自分が素敵にふるまっている姿をイメージして、思わず微笑むような毎日を送りましょう。

    一番素敵な顔は、精神的に満たされている状態が作り出してくれるのかも知れませんね。

    じゃぁ、ほほえみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です