アンチエイジングに思う

しばらく硬い記事が続いてたから、きょうは、ちょっと軽めに。
マクロビ・パパさんが、ブログランキングに参加してる。
そのおかげで、「アンチエイジング」の文字を、毎日たくさん見ることになった。
のっけから、こんなことを言って恐縮なんだけど、私は「アンチエイジング」
って言い方、あんまり好きじゃないの。
「アンチ・・・」っていうと、その対象を意識してる言い方だから・・・。
        *    *    *
私は、ふだん、歳って忘れてるの。
あれは、戸籍法上、人を区別するためのもの。
勝手に、整理の手段として、使うだけ。
だから、そんなの意識してないの。
いわば、不可抗力的に、決められちゃうんだよね。
歳を意識すると、精神的にな?んか不自由になっちゃうような気がするなぁ。
てなワケで、もう一度、私は「歳」って忘れちゃってる。
「自分が、その時イイナ☆♪って思ったに近い)」で、行動してきたの。
だから、服装も、ヘアスタイルも、仕事も、すべてにおいてマイスタイルだった。
他人と一番違ったのは、ライフスタイルだと思う。
こんな生き方、ある意味、エネルギーを使う側面もあったけど、子育て
するには、つよ?い味方になった。
だって、子供は一人ひとり違うから。
それと、もう一つ、マクロビやるには、最高の援軍だった。
ところが、マクロビの勉強が進むと、生年月日の持つ意味に触れるとこが
あって、ムムムとした。
        *    *    *
独身のころ、作家の宇野千代(1897?1996年)の考え方と、とても似ている
ところがあって、共感した。
 (男性遍歴は、あんなに豪華じゃなかったけど)
その宇野千代が、亡くなる1年ほど前に、こんなことを言っていたのを
思い出した。
わたし、なんだか、死なないような気がするんですよ
これって、究極のアンチエイジングだと思うなぁ。
98歳で、こんなセリフ言えるなんて、お見事!
“ワタシ、なんだか、死なない気がする”って、サラリと言ってみたいなぁ。
150歳くらいで???


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. kodamacro net より:

    久々にコメントさせていただきます!

    確かに歳も1つの時間を計る物差しですね。

    物差しは取っちゃった方が、エネルギーを

    自由に使えるように思えます。

    元来歳をとることは悪いことじゃない。人間の肉体の老化は自然の摂理、肉体が不自由になるにつれ、精神が開放され自由になる。そして究極の精神世界(死)へと人は進んでいく。老化は死の練習みたいなもんですかねぇ。

    だから老人は老人ってだけで尊敬されるべき存在なんですけど、今の社会はそれを忘れてしましましたね。

    若さ=肉体性=陽性ばかりありがたがられる。余計に肉体に固執してしまうので成熟=精神性=陰性はかえりみられなくなる。

    風さんみたいに、若さを保ちつつ精神性も深めていける大人が増えるといいですね!

    だって風さん年齢不詳ですからぁ~(笑)

    風さんみたいな大人が居ることが何より

    心強いです。私も見習おうっと!

  2. マクロ美風 より:

    kodamacroさん、コメントありがとうございます!

    凄くうれしいです♪

    私は、マクロを知る前は、自分の信念に従って生きてきたのですが、マクロを知ってからは、その信念に「確たる裏づけ」ができて、自信がさらに強くなりました。

    ですから、歳を重ねることに、今では楽しみを感じています。

    これからの時代は、女性の時代だから、今までよりスピリチャルなものが重要視されるでしょうね。

    大森先生の仰っていた21世紀観もそうでしたね。

    kodamacroさんの仰る

    「肉体が不自由になるにつれ、精神が開放され自由になる。そして究極の精神世界(死)へと人は進んでいく。老化は死の練習みたいなもんですかねぇ。」

    の言葉を噛みしめながら、丁寧に毎日を過ごしたいと思います。

    ところで、私は、年齢不詳ですかぁ?

    いやいや、マクロをやってる人って、年齢不詳が多いですねぇ。

    kodamacroさんも(ねっ?)

  3. マーフィー より:

    このテーマは長年、思ってきたテーマです。なぜなら、20代の頃は何かにつけて是か非か、白か黒か…対立的に考えてました。相手は別に対立しょうなんて考えてないのにね。。。自分で比較してしまったり~。 太陽と月は陽と陰ですが、別に対立した主張しませんよね~。 いい意味で年を重ねたいと思っております。

  4. マクロ美風 より:

    マーフィーさん、初コメントありがとうございます!

    マーフィーさんのブログは、毎日拝見していますよ。

    ところで、20代の頃は対立的に考えていらっしゃったそうですね。

    それは、20代の特権ではないでしょうか?

    20代って、体力もある、夢も限りなくある、そして何でも実現できるような気がする。

    もう、不可能なんて文字はないように思える(ナポレオンみたいね)、そんな時期だから、対立的に考えても、それは若さゆえ、とも思えますねぇ。

    お互い、良い歳の重ね方をしたいですね。

  5. マーフィー より:

    初コメントでしたか… 私もちょくちょく拝見してますが、この話題なら書けるかな~と思いましたので。。。 若さって、ある意味、何やっても怖くないですよね!? 親に反抗して、先生に反抗して、世の中の仕組みに反抗して… もう冒険は出来ませんわ。 ところで菜食者は老化のスピードがゆっくりな感じがしませんか~?

  6. マクロ美風 より:

    ええ、そのとおり。

    動物性の食品を摂ると、その動物の中で一度使った血液が、人間の体の中に入ってきますよね。

    それも、死んだ血が。

    (踊り食いなら死んだ血じゃないネ)

    そんな酸化した血が入ってきて、体が喜ぶはずないですよね。

    それに比べて、菜食者の血液はきれいだから、老化のスピードがゆっくりなのは当然だと思いませんか?

    あと、牛や豚など、多くの動物は人間より寿命が短いですよね。

    その動物の肉を食べれば、人間も老化が早まるのは当然だと考えられませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です