米糠のすご~い力?

昨日、デパ地下の鮮魚売り場でイキのいいイカを見つけて、
「おっ、塩辛を作ろう!」と瞬間的に決めました。
2はいでいいのに、これもイキのいいお兄さんが「おまけしとくねっ!」と4はいも袋に入れてくれました。
すぐ隣の箱には、これもピカピカのサンマが並んでいて「ゴクッ」。
お寿司にしたいくらいの鮮度だったので、「2尾ちょうだい」というと、
「ホィヤっ、大サービスだよ!」といって、4尾を袋の中へ・・・。
我が家は3人家族なのに・・・。
☆    ☆    ☆
けさ、生ゴミ入れのふたを取ったら、「あれっ、ヘンだな???」。
イカとサンマの生ゴミが入っているので、臭いだろうなぁと覚悟を決めていたのに、いつもの臭いと同じなのです。
なぜ??
心当たりは「米糠」です。
昨夜、子供のお弁当のために、玄米を分づき米にして、精米の際にできた米糠を
生ゴミ入れに入れてあったのです。
いつもなら、米糠は糠づけの補充に入れるのですが、これ以上足すと糠床が固く
なるので、昨夜は入れなかったのです。
リマ・クッキングスクールでは、米糠のお料理もならったけれど、酸化のことを
考えてポイしたのでした。
それにしても米糠の力ってすごいなぁ。
玄米を食べていると、これと同じ現象が体の中で起きているのだろか?
米糠の威力にビックリ!
☆   ☆   ☆
ちなみに、私は北海道出身なので、たまぁ~に故郷の食べ物を食べたくなる
のです。
そんな時には罪悪感をもたず、楽しく美味しくいただくことにしています。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. watanabe のコメント:
    はじめまして。『美人手帳』というブログを書いておりますwatanabeと、申します。macrobi papaさんのブログから、遊びにきました。私は、マクロビは最近興味をもちはじめたばかりです。(何か特定のものに限定したくないので、)マクロビに限定しているわけではないのですが、美味しくて体と心にいい食生活に興味があて、マクロビも勉強中です。

    米ぬかのエビソード、面白かったです。特に、『玄米を食べていると、これと同じ現象が体の中で起きているのだろか?』という気づきの部分。腸の中で、微生物がどう繁殖していくのか、ちょっと、イメージしてしまいました。

    私の夫も、北海道出身なので、そのイメージのものを食卓にちょくちょくのせています。もうすぐ、とうもろこしも終わってしまうので、最近、食べたりとか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です