甘いものをやめるまでの1か月の変化 マクロビオティックの指導現場から

昨日「1か月間の甘いもの断ちをしてゲットした桂剥き美人のまな板 マクロビオティックの指導現場から」という記事を書きましたが、ご本人からコメントの他にメールもいただきました。
そのメールがまた素晴らしいので、こちらで記事にさせていただきます。

<Ryokoさんからのメール>

美風さん、こんにちは。
Taです。

ブログ記事、読ませていただきました。
ほんの一ヶ月の事ですが、甘いものへの意識が変わったかな〜と感じました。

一ヶ月前は、甘いのも・お菓子は、毎日とって当たり前。
一切食べないなんて想像できないので、減らす感じでやっていこうと思っていました。

美風さんから、
「減らすのではなく、一切食べない!
我慢ではなく、体調の変化を感じて、自分で、食べる・食べないの選択ができるようになるといいよね。」
と、アドバイスをいただきましたが、正直、その時は、意味がよく理解できなかったし、
それはキレイごとで、現実は、我慢でしかないと思っていました。

でも、甘いものをやめることができたらいいな〜との思いはありましたので、とりあえずやってみようと思いました。
アドバイス通り、玄米ご飯、お味噌汁、糠漬けを、しっかりとるようにしました。
最初の数日は、甘いもの食べたいな〜と思う事もありましたが、我慢といった程のものではなく、食べずに過ごすことができ、
その後は、自然と、甘いものを食べずに過ごせるようになりました。

大好きな甘いものを、全く食べずにいれるなんて自分でも驚いています。
玄米・お味噌汁・糠漬けのパワーなのか、
美風さんの言葉のパワーなのか、
むそう塾マジックなのか、、、、、よくわかりませんが。。。
むそう塾生ならば、普通の事なのかもしれませんが、私にとってはものすごい変化です。
大好きな甘いものが食べれないのに、なんだかとても嬉しい気持ちでもあります!

それと時期を同じくして、桂剥き投稿がありました。
桂剥きの授業では、誰よりもできていない自分にものすごい劣等感がありましたし、とても不安でした。
とにかく、中川さんと美風さんの教えの通りにやってみようと思いました。
中川さんのご指導と、みんなの頑張りにプッシュされ、必死になった一ヶ月間でした。
思うような桂剥きにはたどり着けませんでしたが、劣等感からは少し開放され、達成感がありました。

もともと、何かに取り組むとき、後でやろう。明日から頑張ろう。と、後回しにしてしまうところがありましたが、
今回は、時間があれば、桂剥きしたり、包丁砥ぎをしたり、動画見たり、と、動ける自分がいました。
そして、結局は、睡眠時間をだいぶ減らしてしまったのですが、体調を崩すことなく桂剥き投稿を終える事ができました。

こじつけのような感じもありますが、
桂剥き投稿に集中できたのは、精神的にも肉体的にも、甘いものを断った影響が大きかったと感じています。

まさか自分が、甘いものをやめれると思っていませんでしたし、
桂剥き美人に選ばれるとも思っていませんでした。

むそう塾で習う事は、今の段階では、分からない事の方が多いですが、
とりあえず信じてやってみようというスタンスで進んでいこうと思いました。

またいつ甘い物への欲求が復活するか分からないので、放課後にこっそり美風さんに報告しました。
でも、ブログの記事になってしまったので、継続して続けていかなくちゃ! 頑張ります。^^

これからも、ご指導よろしくお願いします。

*   *   *

<マクロ美風より>

なんともチャーミングで、清々しい文章ではありませんか!
素直な心がそのまま文字に表れていて、素晴らしい文章だと思いました。

この中で彼女は、「とりあえず信じてやってみようというスタンスで進んでいこうと思いました。」と書かれています。
これですね。まずは信じてみる、そしてやってみる。
そうしたら結果が出せたのです。
これが陽性な人の判断と行動です。
陰性な人はこの真逆になりますから、いつまでも達成感を味わうことができず、不満だけが増えて行きます。

大好きな甘いものが食べれないのに、なんだかとても嬉しい気持ちでもあります!」というのがいいですねぇ。
彼女は甘いものが癖になっていただけなのだと思います。

桂剥き投稿に集中できたのは、精神的にも肉体的にも、甘いものを断った影響が大きかったと感じています。

甘いもの(陰性)を断った結果、全体的に陽性さが増して、陽性の代表である集中力が活躍してくれたおかげですね。
ですから、ここ一番というときには、これからも甘いものを控えると良い結果につながりますよ。

最後に、Ryokoさんが甘いもの断ちに苦労することなく成功したのは、玄米とお味噌汁と糠漬けをしっかり摂ってくださったからです。
特に玄米を充分に摂ってくれたことで、糖質の補給が出来ました。
そして、お味噌汁と糠漬けで、甘いもの時代に沢山失われていたミネラルの補給が出来ました。

これからは3か月を目標に甘いもの断ちをしてみて、体や思考がどんなふうに変化するかを楽しんでみてください。
そして、それを体や精神面で確認出来たら、その逆も実験してみるのです。
つまり、甘いものを摂ったらどんなふうに変化するのかを確認するのです。
甘いものの種類、量、質などを、一つひとつ観察していくのです。
そうしたらあなたは、立派に陰陽を理解したことになるでしょう。

そして、たまにはおつき合いで甘いものを食べても大丈夫ですよ。
きっとその甘さにビックリすることでしょう。
もう、あなたにとってその甘さは当たり前ではなくなっているからです。
ここまで行ったら大丈夫。
もうあなたは甘いものから自由の世界です。

こうして、一つずつ真の健康を勝ち取って行ってください。
マクロビオティックの真髄である、健康で真の自由人として生きるために。



(マクロビオティックの陰陽がわかる本 日本CI協会発行)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です