煮魚嫌いのお父様がペロッと食べた中川式の煮魚 陰陽って凄い!

私はもともとマクロビオティックの陰陽の考え方に惹かれて、ずーーっとマクロビオティックに深入り(笑)しているのですが、むそう塾を始めると陰陽の現象が目で、舌で感じるお料理ばかりで、打ち震えるような感動に包まれることがあります。
これは京料理人としての実力だけでなく、マクロビオティックの同士として陰陽をふんだんに取り入れた作り方を開発してくださった中川さんの力によるものです。

目の前で展開されていく陰陽の現象が、そのまま味につながり、体調につながり、そして最終的に精神のありようにもつながる現実は、まさに感動以外のなにものでもありません。
その現象をいつも塾生さんに陰陽で説明しているのですが、しっかり伝わったでしょうか?

今月の幸せコースの実習は「お魚を扱う」ことでした。
一匹まるごとウロコを取るところから始まって、三枚におろしてお刺身にしたり、焼き魚にしたり、もう一種類のお魚で煮魚を作りました。
煮魚は生臭さが原因で嫌いな人も多いのですが、むそう塾で教える煮魚は「美味しい!」といって、煮魚嫌いの人でも喜んで召し上がってくれます。
それは、陰陽を踏まえて作ってあるからですね。

では、昨日塾生さんから届いた復習メールをご紹介しましょう。

*   *   *

<みそっ娘さんからのメール>

中川さん

こんにちは。みそっ娘です。
カラスガレイ煮付けの復習投稿をさせて頂きます。

家族みんなで、大変おいしくいただきました。
本当に冷めても美味しいのでびっくりしました。

煮魚が嫌いで、普段は一口も箸をつけない父にも、
「一口だけでいいから食べてみて」と出しました。
私はそのあと急用で一旦外出したのですが、
帰宅すると父が空っぽのお皿を流しに持ってきて、
一言「食べられたわ」とつぶやきました。

心の中でガッツポーズが出ました。
これまで煮魚は父が不在の時に作る料理でしたが、
これからは全員で食べられるのがとても嬉しいです。
教えて下さりありがとうございました。

以上、宜しくお願い致します。

*   *   *

お父様の「食べられたわ」のお言葉が、どれほど嬉しかったことでしょうか。
そして、お父様自身も嬉しかったと思います。
かつて、煮魚嫌いのご主人様と暮らす塾生さんが、中川式の煮魚を作ったところ、ペロリと平らげてくれて、「俺にも煮魚が食べられるんだ!」と感動されたそうです。
つまり、煮魚が嫌いなことを引け目に思っていらしたそうなのですが、それを克服できた喜びがあったのだと思います。
このご主人様は、「まずい煮魚」が嫌いなだけだったのですね。

こんなふうに陰陽の特徴を考えてお料理をすると、嫌いなものが好きになることは日常茶飯事で起こります。
お子さんの好き嫌いなんて、お子さんの味覚が大人より敏感だから起こっていることであって、陰陽的にみたら解決出来ることがゴロゴロ転がっているのです。
そして、体質の陰陽と合わないものを嫌いと主張しているだけです。
ですから、それを知ると子育ても楽になりますね。

マクロビオティックの食べ物における陰陽はスタートです。
そこでしっかり陰陽の働きを確認して、それを暮らしや生き方に反映していくのが本来のマクロビオティックです。

むそう塾では、「幸せコース」で陰陽を知ってもらい、段階的にお料理のレベルを上げながら陰陽を確認し、最後は「無双原理&盛付コース」で陰陽の世界に遊ぶ楽しさを味わってもらえるようにしています。
そのスタートの「幸せコース」で、このような反応をいただけて、みそっ娘さんは陰陽の力の凄さを実感されたことでしょう。

陰陽って本当に凄いですね。
そして楽しいですね。



(カラスガレイの煮付け 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 パーマリンク

コメント

  1. みそっ娘 のコメント:
    美風さん、記事に取り上げて下さりありがとうございます。
    父は好き嫌いが多かったり、また父独自の理論で色々な料理を敬遠したりするので、料理を作る私としては、しょんぼりすることもしばしばです。そんな父がペロリと食べてくれたので、驚きも喜びも大変大きいものでした。美風さんのおっしゃる通り、きっと父も驚きと喜びを感じてくれていたのではないかと思います。
    魚の臭みがなくなるカラクリがまだよく分からないまま(理解が乏しくてすみません)、教えて頂いた通りに作っただけなのに、父が煮魚を食べている。教えてもらった呪文を意味もよく分からないまま唱えたら魔法が使えてしまった、というような感覚でした。こんな素敵な魔法を授けて頂いて、とってもありがたいです。
    父の空っぽのお皿を見て以来「魔法」という言葉がずっと頭に浮かんで、昨日遅ればせながら「魔法のメガネ」を注文しました。もっともっと陰陽を感じて楽しめるようになりたいと思います。これからもご指導のほど、どうぞよろしくお願い致します。
    • マクロ美風 のコメント:
      みそっ娘ちゃん、こんにちは。

      あれれ? 教室であれほど中川さんが陰陽の順番を何度も話したのに、伝わっていなかったのですね((;´д`)トホホ…
      煮魚を作るときの陰陽の順番を、覚書を見ながらご自分で考えてみてください。
      そして、私にメールをくださいね。
      丁寧に添削してあげます(^^)
      それをすることによって、確実に陰陽のことが理解できますので、ここは一つ頑張ってみましょう。

      それにしても面白いのが、呪文と魔法の威力が抜群だったことです(゚д゚)!
      今度から、「ホグワーツ料理教室」に改名しようかな?w

      なかなか楽しいコメントで、思わず笑ってしまいました(爆笑)
  2. みそっ娘 のコメント:
    美風さん、こんばんは。

    まさに、ハリーポッターが初めて杖を振った時はこんな気分だったんじゃないかと思いましたw

    今回は聞き漏らしや見逃し、自動変換を多発していそうなので、覚書や動画をよく見返します。メールを送らせて頂きますので、ご面倒ですがご指導下さいませ。
    • マクロ美風 のコメント:
      みそっ娘ちゃん、こんばんは。

      早速メールを送ってくださってありがとうございました。
      ちゃんと理解しておられたので安心しました。
      難しく考えすぎて、それで理解できていないと思いこんでおられたのですね。
      大丈夫ですよ。素直に陰陽の力をそのまま受けとめてください。

      メールをやり取りすることで、前に習ったお料理の陰陽のこともハッキリ理解できたそうで良かったです。
      こうして陰陽はすべてに関連しているので、一つでもいいから深く掘り下げてみると、他のことも解ってくるようになるのです。
      この記事がきっかけでモヤモヤが解消されて良かったですね。
      • みそっ娘 のコメント:
        美風さん、おはようございます。

        メールでフォロー頂いたことで、理解が間違っていないと分かって安心しましたし、考えすぎな点にも気づけて良かったです。ありがとうございました。
        美風さんがお鍋の中の様子を表す際に使われた表現は、私の表現よりも穏やかで力が抜けている感じがしました。素直に、宇宙の法則に身を任せるように、考えたりお料理したりしていきたいです。
        • マクロ美風 のコメント:
          みそっ娘ちゃん、こんにちは。

          これからも陰陽料理を楽しんでください。
          そして、ご家族様にも喜んでもらえますように。
          • みそっ娘 のコメント:
            美風さん、こんにちは。

            はいっ、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です