煮物コース秋冬編 基礎力強化桂剥き投稿 81 Fuさん(35-6)

FullSizeRender
IMG_1991
YouTube Preview Image
えーと、何度も言いますが、赤ペン練習とリアル砥ぎは同じ速度テンポ力加減で行わなければ無意味です。
赤ペンはふわふわ上下動が止まらずゆっくりで、 包丁砥ぎは力込めて押さえながら砥ぐので泥も出ず残酷な擦過音が直っていません。
思い切って自分を変えなければ変わりません。 出来るだけとか自分なりにとかはそろそ終わりにしてやってみましょう。

切れる包丁で剥くと、もっともっと薄くぬめ〜〜と光った薄いシートに剥けるでしょう。
力みはかなり減ってきているので砥ぎを完成させましょう。

刻みは刃が下りていないですね。これはかなり切れが悪い砥ぎになっているのでしょう。
刃が仕事をするという感覚を掴んで欲しいです。
やっぱり砥ぎが重要ですね。


カテゴリー: 煮物コース基礎力強化桂剥き パーマリンク

コメント

  1. あこ のコメント:
    中川さん
    こんばんは。

    あと一回の投稿を大切にします。
    ご指導をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です