ポケットコイルベッドのボトムとダブルクッションについて

塾生さんからベッドのご相談があったので、今日デパートに行って来た。
デパートや家具屋さんに並ぶベッドは、たくさん生産されるメーカーの商品が多いが、実際に商品が陳列されていなくても、品質のよいベッドメーカーもある。

過去に「マクロ美風の家事アドバイス講座」では、品質重視で商品をご紹介してきた。
そのメーカーは「ポケットコイル」の種類が豊富なのと、その品質の良さに定評がある。
今も一流ホテルでの採用が多い。

ところで、「ポケットコイル」と「ダブルクッション」の組み合わせは、最高の眠りを保証してくれるが、そのダブルクッションに変化があった。
あるメーカーがポケットコイルのダブルクッションを廃止したのである。
ポケットコイルの場合は、ボトムにスプリングを入れない方が効果が高いからだそうだが、本当にそうなのだろうか?

こんな理由も聞く。
ポケットコイルはボンネルコイルより通気性が劣るので、それが錆びやすさにつながると判断したからだという情報もある。
湿気がこもればカビの発生にもつながるので、そういう面から廃止されたのかもしれない。
日本独特の湿気問題を抱えて、ベッドメーカーはこれからの商品が変わるのかもしれない。

N社が早いのか、S社やF社が遅れているのか、それはもう少し調べてみないと分からない。
今度、大阪か東京のショールームに行ってこよう。

 
 

(教室の掛け花 マクロビオティック京料理教室むそう塾)

 
 


カテゴリー: マクロ美風の家事アドバイス講座 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です