接種した人としなかった人 その差を時間をかけて縮められるのか?

このブログで何度も取り上げた荒川央 (あらかわ ひろし)さんの最新記事が、とても心にしみます。

 
 

「人はコロナ後の世界の夢を見るか?」2022.9.20

荒川さんほどの方でも、このような思いになられるのですから、私たちはもっともっと周りの人の変化を待つために時間を費やすべきなのかもしれません。
諦めないで!

 
 

それにしても、次の言葉には重みがあります。

過去は変えられませんが、これからの未来は変えられます。

コロワクチン接種によって文字通り体の老化が進み、繰り返す度に更に寿命を縮める可能性があるのです。

コロナ騒動の始まりに集団心理があるのなら、終わらせるには集団心理の転換が必要なのです。

 
 

(夜の京都タワー)

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。