ワクチン接種とシェディング マスクの成分による影響

私は胃が弱いタイプです。
お食事の量も多くありません。
こちらの記事にもあるように、母の胎内にいるときに薬漬けだったことも影響しているのだと思います。

コーヒーや香辛料も胃壁で感じやすいのですが、マスクをしても胃がクシュ〜と痛くなるのです。
それは、不織布マスクの成分(プラスチック・接着剤・抗菌剤・防カビ剤)の影響だとすぐわかります。
臭いにもすごく敏感なのです。

さらに、自分が吐いた二酸化炭素を再吸入すると、疲労感が増します。
マスクはなんといっても息苦しいし、暑くなるのがいやなので、私はコロナ禍が始まったときからしていません。
体を守るためのセンサーが、しっかり作動してくれているのですから、それに従いたいだけです。

 
 

***

この記事を書いている途中で、シェディングのご報告メールがありました。
結構な量の出血をされたそうなのですが、「なんだか血が入れ替わった感じで、気分的には悪くないと感じた」そうです。

納得です。
シェディングに伴う症状は、体に悪さをするものを体外に出そうとする、体の自然な反応なんだと思えます。
体ってどこまでも健気ですね。

不正出血・蕁麻疹・倦怠感・頭痛・熱・腹痛・喉のイガイガ・口腔内の異常・目の充血・鼻水・咳など、色々な排毒症状のご報告があります。
特にこの季節は、露出部分の発疹も多いようです。

ワクチンを接種した人だけでなく、接種していない人も影響を受けていることをしっかり認識して、体の変化に対応できるようにしましょう。
一番いいのは汗をかくことです。
いつも冷房生活をされている人は、入浴はシャワーではなく、しっかり湯船に浸かりましょう。

いつも以上に健康管理に気をつけて、暑い夏を乗り切ってください。

 
 

(教室の掛け花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, 体験談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。