最高得点の「中川式小豆玄米ご飯」とご家族や体の反応が素晴らしい!

6月17日に、「第12回 中川式小豆玄米ご飯の炊き方秘伝講座」を開催しました。
ただいまその投稿期間(6月27日まで)中なのですが、つむぎさんから素晴らしい投稿がありました。
投稿文にもコメントにも感動しました。
中川さんのブログで記事になっていますが、こちらでも取り上げさせていただきます。

 
 

<つむぎさんの投稿文より 食べた感想>

教室で「習った通りに炊けば美味しく炊ける」という安心感を得ましたので落ち着いて炊飯いたしました。
ジャーに移すときに小豆をつぶさないようにするのが一番気を使うところ…という感じです。

主人が「お米と小豆(の柔らかさ)が一体化していて今までの小豆ご飯よりずっと美味しい!」と、とっても気に入りたくさん食べております。
私は、背中がいつもずーーーーーんと痛く重かったのがものすごく楽になっています。凄いです!
引き続きもりもり食べたいと思います。

以上です。
ご指導、よろしくお願い申し上げます。
つむぎ(Sa31-1)

 
 

【玄米:ササニシキ 秋田県男鹿市産 カルガモ有機農法】

(中川式小豆玄米ご飯 料理:むそう塾生つむぎさん マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

***

この記事のコメント欄に次のような文章があります。(抜粋)
朝、目覚めた時からしっかり動いて、夜はぐっすり眠ることができる。
健康ってそういうことなんだなと、このご飯を食べると実感できます。

これは本当に大事なことで、健康の基本ともいえる状態です。
つむぎさんは過去に病気をされた経験がおありなので、なお一層この状態がありがたく感じたのだと思います。

なお、iMessageでこの投稿日の夜の状態を教えてくれました。
いままでと桁違いに美味しいと主人が今日の夕飯時にもまた言いながらもりもり食べてました
とのことです。
きっとご主人さまのお体にも、何かしら変化があるのではないかと、密かに楽しみにしているところです(^^)

もともとつむぎさんは、やさしい玄米ご飯を炊ける人なので、小豆玄米ご飯も美味しく炊かれていたはずなのです。
それなのに、「いままでと桁違いに美味しい」というご主人さまのお言葉が、ジェネレーション2の凄さを証明してくれていると思います。
ちなみに、57点は「中川式小豆玄米ご飯投稿」の最高得点です。

 
 

もし、まだ受講されていない方がおられましたら、10月10日にチャンスがありますよ。

 
 


カテゴリー: うれしかったこと, 玄米の炊き方講座, 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメント

  1. つむぎ より:

    美風さん

    記事にしてくださってありがとうございます。
    お教室でデモを見て実際に中川さんのご飯をいただいた時も、実習で自分や皆さんが炊いたご飯を食べた時も、「美味しい! 凄い!」と感動しました。
    そしてそのご飯を自宅でも気負うことなく同じように炊けるのは、本当に素晴らしい内容の講座だったのだと、開催してくださったことに感謝しかありません。
    (仕事を休んででも受講して良かったです^^)
    もし受講を迷っている方がいらっしゃったら全力でお勧めします!

    「身体に良いから」というよりも、「美味しいから食べ続けていたらいつの間にか」健康になっている…のが中川さんのご飯ですね。
    身体がもういい、というまで食べ続けます。
    また体調の変化がありましたらご報告したいと思います。
    主人の変化、私も楽しみです(*^^*)

    • マクロ美風 より:

      つむぎちゃん、こんにちは。

      私も教室で皆さんの炊きあがった小豆玄米ご飯を試食させていただいて、全員が美味しく炊きあがっているのですごく興奮しました。
      5月のときもそうだったのですが、全員が同じように炊きあがるのです。
      あの難易度の高い玄米ご飯がこんなふうになるなんて、もうただただビックリしました。
      これは驚異的なことです。

      お仕事を休んで受講してくださって、ありがとうございます。
      当日は他にもお仕事を抜け出して参加してくれた人がいましたね。
      皆さんのご期待を裏切ることなく、画期的な炊き方をお伝えできてホッとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。