人は陰陽が近いものに親しみを感じ 心を開く 温度の陰陽差も同じ

は〜 シ ア ワ セ
外がどんなに寒くても 湯船につかると 身も心もホワ〜っとゆるむ

お風呂の温度がピッタリだと ああ 気持ちいなあと開放感に浸る
熱かったり 冷たかったりすると 緊張するからゆるまない

 
 

寒い朝 布団からなかなか出られないのは 温度差がありすぎるから
布団の中は陰陽差がほとんどない だから心地よい

 
 

人は陰陽が近いものに親近感を感じる 心を開く
似た者同士が一番リラックスできる

陰陽差があると 刺激になるから 体力があるときには付き合えるし 受け入れられる
体調が悪いと 受け入れられない

 
 

人間関係は 陰陽差があると より成長できる
ちょっと緊張感の増える場面はあるが

 
 

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, からだ, こころ・想い, マクロビオティックの陰陽で考えてみよう パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。