京都で7時過ぎてもアルコールありの営業 Osteria CONACINETTA(オステリアコナチネッタ)

先日、京都で初めて入ったレストランが、19時過ぎてもお酒が注文できて、20時過ぎても営業していた。
ご夫婦で営業されているそうだ。

私は6人で行ったのだが、後で2名お客さんが入ってきて、その人たちがマスクをしていてハッとした。
そういえば、入り口で消毒やマスクのことを言われなかったなぁと。

6人で色々なお料理を注文して、ワインも飲み比べをしていたら、21時半になっていた。
あれ?
ずいぶん居心地がいいなぁと思ったら、ここはコロナの面倒くさい自粛要請には無縁の空間だったのだ。

22時近くに帰るときも、まだ二人連れのお客さんが楽しそうに話をしていた。
居心地がいいからだろう。
わかるなぁ、そのお気持ち。
いやはや、長居してしまった。

アルコールは19時までだと思って、18時からお食事をスタートしたけれど、こういうお店だったとは知らなかった。
Facebookを見ると、かつては自粛要請に従っていたらしいけど、6月からはこのスタイル(通常どおり)で営業しているようだ。

自宅からトコトコ歩いて行ける距離なので、またお邪魔しようと思う。
応援してあげたい。

 
 

Osteria CONACINETTA(オステリアコナチネッタ) 京都市左京区聖護院東町14

 
 

 
 

この日のメニュー。

 
 

 
 

 
 

 
 

これが美味しかった!
【馬肉】

 
 

【牛肉】

 
 

 
 

【鶏肉】

 
 

 
 

 
 

 
 

赤ワインの渋味が苦手な私でも美味しいと思える軽さがあった。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

オマケ(笑)

 
 

キョウトピの記事もリンクさせていただこう。
聖護院で絶品のイタリア地方料理を「オステリア コナチネッタ 」 2016.4.18

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, 新型コロナウイルス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です