マクロビオティックの指導現場から お弁当が育てた子どもの心

検索をしていたら、むそう塾のお弁当写真が出てきました。
ひと目でむそう塾生のお弁当は判別できますね。
理由は簡単、整っているから。

 
 


(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生さんのお弁当)

 
 

懐かしいなあ。
“姫”さんの作ったお弁当です。
クリックすると私のブログ記事が登場しました。
マクロビオティックの指導現場から 「子供のお弁当」(2014.5.15)という記事でした。

姫さんは今年から秘伝コースに通われています。
満足コースまで進んでいたのですが、ご家庭の事情で間が空いていました。
この写真のお弁当は7年前のものですが、当時のお子さんたちも大きくなって、中学生のお子さん(男子)はお料理にとても関心があるそうで、中川さんから玄米の炊き方を習いたいそうです。

そういえば先日、別の塾生さんから、まだ幼稚園児のお子さんの話がありました。
「いつになったら私もお料理を習えるの?」と聞かれたそうです。
どうやら、京都に行って美味しいものを習ってきてくれるお母さんに憧れているようです。
「なんだか、京都には楽しいことがあるらしい」と思っているのでしょうか。

そうしたら別の塾生さんも、「うちの子も中川さんからお料理が習えるのを楽しみにしているの」とおっしゃるではありませんか。
まだ小学1年生になったばかりなのに。
お母さんが中川さんに習って来たお料理を作ってくれると、美味しいのが分かっているからだそうです。

すごいですねぇ、子どもの味覚って本当に正直です。
小さいうちに正しいお料理の味をインプットしてあげると、こんなふうにお料理に関心を示してくれるんだなあと嬉しくなりました。
美味しいって大事です。

子どもは楽しいものや、美味しいものに素直に反応するので、きっとお料理も楽しいことの範疇に入っているのかもしれません。
こう思ってくれたらシメたものですね。

お料理を楽しいと思えたお子さんは、将来が明るいです。
自分を積極的に支えていけるだけでなく、誰かを喜ばせることだってできるからです。
こんなお子さんたちが増えてくれて、心から嬉しく思っています。

 
 


カテゴリー: うれしかったこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 子育て・野口整体・アトピー パーマリンク

コメント

  1. 69-1 姫 より:

    美風さん
    記事に驚きました!
    先ほど、私自身も過去の写真を見返していて、懐かしいなぁ…と思っていた所でした。
    そして、小豆玄米ごはんが今の方がずっとずっと柔らかく炊き上がってるなぁ…としみじみ見返してました。

    当時幼稚園児だった長男も、今年から中学1年生。
    お弁当生活もスタートしています。
    3倍近い量を、今は持って行ってます。

    思春期の入り口の年頃で、親と過ごす時間も短くなってる中、お弁当は一つの対話になってる感じがして、楽しんでいます。
    先日、「うちのお弁当、周りとちょっと違うねん。みんな、もっとシンプルというか、いつも同じ感じというか…」なんて、興味深い事を言ってました。笑
    コロナ禍で規制の多い中、ランチタイムくらいはほっこりしてもらえたらな…という思いで遊んでいます。朝が余裕無さすぎて、OBENTERS™に参入できてないですが、整えていきたいと思います。
    ありがとうございます。

    • マクロ美風 より:

      姫ちゃん、こんにちは。

      わあ、長男くんは今は3倍近い量のお弁当なのですね!
      男の子は中学生ともなると、気持ちいいくらい食欲が旺盛になりますものね。

      >思春期の入り口の年頃で、親と過ごす時間も短くなってる中、お弁当は一つの対話になってる感じがして、楽しんでいます。

      そうそう。まさに対話そのものです。
      仮に会話をしなかったとしても、心が通じ合うのがお弁当の良さですよね。

      ちゃんと他の人のお弁当も観察していて、客観的にお母さんのお弁当の凄さを実感されているのが素敵ですね。
      お子さんは多感でなにかと気遣いの多い年齢になりましたが、姫ちゃんのお料理があれば大丈夫!と思っています。

      大事な人生の土台を作る時期に、美味しいお料理を食べさせてあげられる姫ちゃんは、最高のお母さんですね。
      偉い!

      OBENTERS™への復帰も、首をなが〜くしてお待ちしていますよ(^^)

  2. 京子 より:

    美風さん、こんにちは。

    私の娘もむそう塾でお料理を習いたい子どもの一人です。
    「大人になったらママと手を繋いでむそう塾にお料理習いに行く」と言っています。
    とにかくものすごく楽しいところだと思っているようです!

    5年前初めての愛クラスで姫さんとご一緒して、丁度息子さんのお弁当を投稿されていた頃でした。

    まだ長女を妊娠中だったので将来こんなお弁当を作れたら幸せだろうなぁとtwitteを眺めていたのをよく覚えています。
    出産前から素晴らしいお手本に触れることができて本当に良かったです。

    改めて毎日のお弁当を大切に作っていきたいと思いました。

    • マクロ美風 より:

      京子ちゃん、こんにちは。

      わあ、姫ちゃんと愛クラスで一緒だったのね!
      それなら、なお一層身近に感じますね。

      >「大人になったらママと手を繋いでむそう塾にお料理習いに行く」
      >とにかくものすごく楽しいところだと思っているようです!

      なんて可愛いのでしょう♪
      美味しいものが生み出されるところだから、楽しいことに間違いはありません。
      お子さんの本能センサーが働くのでしょうね(^o^)

      中川さんに長生きしてもらって、夢を実現しましょう!

  3. 京都の料理のおじいちゃん より:

    はーい

    • マクロ美風 より:

      京都の料理のおじいちゃん、こんばんは。

      可愛い孫たちをよろしくお願いしますm(_ _)m
      元気で長生きしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です