どんな環境で過ごすか? マクロビオティック的考え方のススメ

人はどんな環境で過ごすかによって、結果が大いに変わって来る。

・テレビ報道を100%信じる
・荒っぽい行動が多い
・愚痴が多い

こんな人が周りにいたら、とても不愉快になる。
だから、どんな人と接するかはとても重要だ。

さらに、「本物」を共有しあえる相手がいると安心できる。
その人数が多いともっと心強い。

*   *   *

たとえば、荒っぽい人と行動を共にしていると、それが普通になってしまう。
そうすると、繊細な世界を忘れてしまう。

お料理でもそれは言える。
たまにはダイナミックなお料理も楽しいけれど、日常はもう少し落ち着けるお料理が心地よい。

これをマクロビオティックでは、「陰性・陽性・中庸」という視点で区別している。
今のあなたには
・どんなお料理が合うのか?
・どんな人が合うのか?
これが分かるだけでも、すごくスッキリする。

人生をもっと充実させるため。
陰陽の考え方は魅力的だ。

 
 

そんな考え方を共有できる仲間がいるところ。
京都にそんな料理教室がある。
「マクロビオティック京料理教室 むそう塾」

 
 


(教室の掛花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です