改めてマクロビオティックの伝え方を考える

昨日は「マクロビオティック わの会」で、大事なディスカッションがありました。
新型コロナウイルスの広まりを受けて、急遽Zoomでの開催となったものです。
マクロビオティックの指導者たちが、現時点での自分の考えを述べるのはとても貴重な機会なので、私もとても参加したかったのですが、あいにく授業が入っていて参加出来ませんでした。

17名のパネラーと70名を超える一般視聴者との連絡を引き受けて、会を開催してくださった永井邑なかさんや千葉芽弓さんは、ものすごく大変だったと思います。
私もいくつものイベントを主催してきましたから、そのご苦労はよく理解できます。
心からお礼を申し上げます。

早速当日のうちに、会の様子を収録したメールを送ってくださったので、仕事が終わってから深夜に録画を観ていました。
冒頭30分くらい録画のボタンを押し忘れたとのことで、そこが聴けなかったのがとても残念でしたが、3時間の会の内容はとても有意義なものでした。

ニューヨークからご参加してくださった先生もお二人いらっしゃって、まさに「輪(わ)」になれた時間と、それぞれの師の影響を感じながら、感慨深いものがありました。
これだけ大勢の人たちが直接会おうとすると、主催者側も参加者側もそれはそれは大変なのですが、文明の利器というのは素晴らしいもので、地球が小さく感じたひとときでした。

 
 

【高桑智雄氏の記事】
Facebookに、司会を務められた高桑智雄氏の記事がありますので、そちらもお読みいただくと、これからのマクロビオティックの方向性の参考になるかと思います。
『どうしようもなく上から目線な』   2020.4.30

この中で高桑氏は次のように述べておられます。

ー引用はじめー

この世界には二つの思考法がある。
一つはこの現代社会のほとんどの人が採用する正邪、善悪、正誤とみる「水平思考」と、もう一つは、すべてのものに陰と陽、表と裏をみる、いわば△形の頂点で俯瞰した「垂直思考」である。
マクロビティックの実践者はこの「垂直思考」が自然と身についてしまっている。
ところが、「水平思考」で考える人たちにとっては、この「垂直思考」は、とんでもなく上から目線で、偉そうで、ふてぶてしい感じに見えてしまうのである。

ー引用おわりー

 
 

【私とマクロビオティックの出会い そして全国で知ったマクロビオティックの現状】
私は息子の重度のアトピーで困っているときに、マクロビオティックの考え方を知りました。
それまで野口整体の考え方で子育てをしてきたのですが、食べ物から入っていくマクロビオティックの陰陽の考え方はすんなり理解できて、特に精神的に太い柱が出来たことは、野口整体と相まって私の生き方の両輪になりました。

以後ずっとマクロビオティックを続けていて、途中からブログでの発信も始めました。
しかし、「マクロビ井戸端会議」と称して、全国にお邪魔しているうちに、むしろマクロビオティックで苦しんでいる人たちに沢山出会うことになりました。
マクロビオティックの食べ方を徹底して実践したがゆえに、人付き合いがしにくくなり、夫婦や親子間で意見が食い違い、離婚に至るケースもありました。

北海道から沖縄までお邪魔しましたが、どこでも同じような状態で、私が東京のマクロビオティックスクールで学んだ夢のある世界とは別世界で、マクロビオティック難民が大勢いました。
雑誌やネットではマクロビオティックの良い面が強調されていましたが、それを実践する人たちはむしろマクロビオティックを知らない方が幸せだったのではないだろうかと思える人もいたのです。

 
 

【むそう塾のスタート】
多くの人に接していると、「これはいけない! このままだとマクロビオティックが誤解されて広まって、死者が出ることになる」という危機感を持ちました。
独学で間違ったマクロビオティックをして、病院にかつぎこまれたり、マクロビオティックの先生についていても体調が悪くて、私のところに相談のメールがたくさん寄せられました。

それらの人は、マクロビオティックを本で知ったり、ネットで知ったりして、自分にとって都合の良いやり方にしてしまったケースが多く、可哀想でなりませんでした。
ご自分の体質を見極めることなく、陰陽の判断が正しくなかったために起きた事例がいっぱいありました。
中でも、健康になりたくてマクロビオティックを始めたのに、そのマクロビオティックで体調を悪化させていたケースでは、マクロビオティックは罪作りだなと思いました。

何でも信じてしまう受け手の問題もあるのですが、マクロビオティック教室の先生が勉強不足である例もあって、マクロビオティックを伝える者として間接的に責任を感じました。
そこで、「人から人へ手渡しで」と「徹底したフォロー」を実現するべく、「むそう塾」を開いたのでした。

そして、マクロビオティック本来の「考え方」や「生き方」をしっかり伝える教室にしたのです。
お料理はその人の生き方を実現するための道具であり、いかにそれを使いこなすかに力を入れて授業を続けて来ました。

すると、まったく家庭不和は起こらず、むしろ、ご家族様が応援してくれるようになって、結果としてお料理が美味しく作れるようになって、笑顔の塾生さんを多く輩出することができるようになりました。

 
 

【マクロビオティックの伝え方】
人は誰でも自分の考えや暮らし方や生き方を否定されると面白くありません。
それは親子であっても、夫婦であっても、兄弟であっても、友だちであっても例外ではありません。
ましてや上から目線で言われたら当然のことですが、「何様?」ということになります。

私は人づきあいというのは、まずは相手を肯定するところから始まると思うのです。
それなくして良好な人間関係なんて望めないと思った方がいいでしょう。
ですから、水平思考が世の一般なら、まずは可能な限り水平思考を理解することに努める姿勢が必要だと思います。

そのうえで、水平思考で行き詰まりを感じているようなら、こんな考え方もありますよと垂直思考を提案するのがよいタイミングになると思っています。

呼吸を例にあげますと、相手が息を吸おうとするときに話しかけても、聞き入れてくれる姿勢ではありませんが、相手が息を吐ききったときなら、スーッと話を聞いてくれる流れができます。
これなどはまさに陰陽なんですよね。

ですから、マクロビオティック実践者は井の中の蛙になるのではなく、オープンな世界で一般の人と同じ土俵で光り輝けばよいのです。
そうしたら、息を吐いた人がふと気づいてくれて、良ければ採用してくれるということだと思うのです。

ま、現実的には、説得力のある生き方を常々しておくことに尽きると思います。

 
 


(大阪のとある公園にて 中川善博撮影)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックわの会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です