「食べ物には体を温めるものと冷やすものがある」ことを知りましょう

人間はそんなに食べなくても生きていられる。
これが私の持論です。
空腹を愉しむ生き方が心地よくて好きです。

これは私がマクロビオティックを知って、少食を続けた経験と断食を繰り返した結果から感じていることです。
一般的なお食事で不足しがちなのはミネラルですが、マクロビオティックはこのミネラルを大切に考えていますから、ここさえ押さえていただくと体調が良くなる人が多いです。

マクロビオティックでは食べ物を陰陽で考えますから、まず食材の陰陽を知っていただくことが必要です。
そのためには入門書として「マクロビオティック ガイドブック」が適してします。



(マクロビオティック ガイドブック 日本CI協会発行)


むそう塾生の場合は、マンツーマンでお料理を伝授しますので、この本のお料理方法ではなく、むそう塾で教えるほうを優先していただくと体調にピッタリの料理方法になります。

まずは「食べ物には体を温めるものと冷やすものがある」ことを知りましょう。
今までは栄養素にとらわれた食べ方をしていた人も多いでしょうが、この「温める」「冷やす」という視点から食材や料理方法を見直していくといいですね。

それをしながら、食べる量の見直しをします。
きっと多くの人は今までの惰性でお食事量を決めていると思うのですが、少しずつでも量を減らして少ない量に慣れていくと、体が軽くなって動きやすくなる人もいます。
なお、食事量が多い人は陽性の傾向にありますので、陰性の食べ物を増やすと食事量が落ち着く人が多いです。
中には沢山食べても痩せている人がいますが、そういう人は体の活動量が多いかも知れません。

また、ご飯を沢山食べる人は、おかずの塩分が強いことが考えられます。
ご飯を異常に食べることは、体を酸性にしやすいので、やはりおかずとの適正なバランスが長期的な健康のためには必要です。
しかし、体調というのはとても個人差が大きいので、画一的に考えないでケースバイケースで判断する必要があります。

決して本やネットで得た情報のみで、独学的なマクロビオティックをしないでほしいです。
往々にして偏りが生じ、体調不良を招くことが多いからです。
偏りは一時的に体調が良くなることがあっても、それを続けているうちにマクロビオティックを知る前より体調が悪くなる人もいます。

私はこのブログを始めた当初から偏りの危険を感じ、そういう人たちの駆け込み寺になろうと思って、むそう塾を始めました。
ですから、むそう塾で本物のマクロビオティックと健康を手に入れていただきたいです。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です