京都 瓢亭 別館

桜沢如一先生のお墓参りが終わってから、瓢亭の別館でお食事を。
いつもの見慣れた景色が一層美しく感じる。






お食事はいつもの梅酒と松花堂弁当。
今月は案の定竹の子料理のオンパレード(笑)



竹の子の木の芽和えには蒟蒻が使ってあった。
そんなに美味しいとは思わない。
(マクロビオティックの陰陽を知っていたら、ここで蒟蒻は使わないから。)













真丈のやわらかさがなくなってきた。
代が変わって、お味が変わって来たのは仕方のないことかな?
それとも、腕の立つ板前さんが東京店に移ったのかな?



いつもの仲居さんがお見送りをしてくれる。
すっかり顔なじみで、アットホームな感じ。



瓢亭さんは好きなお店だから、また伺います。


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です