マクロビオティックの陰陽を活かした家事アドバイス講座(57)開閉部分は塞がない

<Sa(64-5)さん>
【カウンターについて】
レイアウト図面をじっくり拝見しました。
改善したい点は多々ありますが、ご主人様のテリトリーを犯さない範囲内でカウンターを置く提案をさせていただきました。
その結果、長さ1メートルのカウンターが候補として書かれていますが、私は思い切って1.5メートルまで長くした方が良いと思います。(青い枠)

LT-tx532hC04raZwNGi-voCl3ccW2yPRIx9gGNhA0R0

 
 

そして、下にはゴミ箱がすっぽり入ったり、棚があったり、自在に使える設計にしましょう。
たとえば、サイズは違うのですが、下の写真のようにカウンターの下にゴミ箱が入るようにオープン部分があるものにすると機能的です。
奥行きは可能な限り45センチ近くにした方が使いやすいです。
そうすると、テーブルに全員が座った時に通路が狭くなるでしょうから、よく計測して限界を決めてください。
高さはテーブルの高さに合わせるとテーブルの延長のように使えて広く感じますが、それは必ずしも必要な条件ではありません。
目的は流し台の延長として使いたいからです。
ここはご自由にお決めください。
カウンターは完成品を購入されるのも良いですし、ご主人様に甘えて作っていただくのも良いと思います。
そのことがご主人との仲をより良い関係にもって行くきっかけになると信じます。

colk-120-open-04

 
 

【カウンターの使い方について】
カウンターはあくまで物を置くために使った方が綺麗です。
お料理途中のボールやお皿などをチョイと置いて、流し台まわりを効率よく使えるようにすることがカウンター設置の目的です。
まな板やコンロは、しっかりしたお台所があるのですから、そちらで使いましょう。
かかとが高めの室内サンダルを履いて高さ調節をしましょう。

【家事室について】
図面が斜めだったのですが、そのままでごめんなさい。
まず、ソファの奥の食器棚は別の場所に移動するか、別のお部屋で別の目的に使われるのが良いと思います。
食器棚の前にソファを置くと、現実問題として食器棚としての役目は果たせませんね。
開閉部を塞ぐというのはとても氣の悪い配置であり、氣の流れを止めてしまいます。
ですから、この場所でどうしてもソファが優先されるなら、思い切ってソファに場所を譲りましょう。
私が白文字で「移動させる」と食器棚に書いてあるのはその意味です。

Xjxxu2rtTmqv-WVIovruhaRA1LF4GLrK2jsQ4Lv5FbE

 
 

【自分の居場所について】
候補場所が決まったようですね。
実際に動かしてみて、果たしてその場所が落ち着くかどうか、色々とお試しください。
色紙を動かしてみると、具体的になって来て楽しいものでしょ?
ちょっと子供時代のおままごとに似ているから楽しいのです。
それが女性ってものですね。

【家事室の棚について】
家事室に棚を設けるのは良いと思います。
お片づけの下手な人の傾向として、「床に物を置く」という共通点があります。
それは本能として一番楽な方法だからですね。
でも、大脳のある人間はもう少し賢いお片づけが出来るはずなのですが、それが空間をうまく使うことになります。
そういう意味でも、棚を作るのは上手な収納になりますから、どうぞ寸法を上手に決めて実現なさってください。
私の家事アドバイスは明日(31日)で終わりになりますから、残念ながら棚までのアドバイスは出来ません。

もう少し早くスタートされていれば、もっと改善することが可能だったのですが、今回はここまでで終わりとなってしまいましたね。
でも、あなたの場合は最初に越えなければいけない精神面での問題がありましたので仕方ありませんでした。
これを機会にご夫婦としての陽性度が増しましたので、それだけでも本当に良かったと思います。
そして、ご主人様のむそう塾に対する正直な想いが良い印象だったのも救われましたね。
これから美味しいお料理を作って、もっともっとご主人様に喜んでいただきましょう。

 
 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, マクロ美風の家事アドバイス講座 パーマリンク

コメント

  1. 64-5 のコメント:
    美風さん、夫の領域を尊重して下さって、貴重なアドバイスを有難うございました。
    図面が斜めな事に気づかずにお送りしてしまい申し訳けありませんでした。

    目立たないように設置しようと思っていたカウンターを150センチに、と言うのは目から鱗のアドバイスでした。早速メジャーを持って測りましたが、中途半端な大きさよりも存在感が出て、かえって台所らしくなります。

    ゴミ箱は、本当はカウンターの下に置きたかったのですが、さすがに食卓に隣接するのはどうかなと思って諦めていましたが、存在感のあるカウンターによって区切りがつけば気にならなくなると気づきました。

    主人が作る棚は、武骨で重いので、いつも移動出来るように下にキャスターを付けています。作ってくれるとしたらそうなるかもしれませんが、物を置くのが目的ならば大丈夫ですね。

    同居中の三男が6月末に家を出る予定ですので、その後は食卓は二人で使う事になります。通路の事は余り問題にならないと思いますが、良く測って大きさを決めます。

    食器棚の事も移動すると言う驚くようなご提案を有難うございました。確かに不便ですが、他に置く場所がないので、下の棚にはめったに使わない物を収納して、前にソファを置いて、仕方ないと思っていました。

    実は、この食器棚は、本当はずっと処分したかったのですが、外も中身も家族の歴史があるものなので夫には言い出せずにいました。高さがあって窓をつぶしてしまうので置く場所を選びますが、処分も含め夫と話をしてみます。

    ソファは、寛ぎ下手の夫が唯一リラックスして過ごす場所ですので、生かしておきたいと思います。

    色紙を切ってレイアウト図と格闘している私を見て、夫が、「お、やってるね。頑張って考えて下さい」、と言うので驚きました。整うと言う事に人は敏感なのだなと、勉強になりました。

    夫に、あなたはいつも物をひとつ並べにする、と言われていたので、「片付け下手は床に置く」には吹き出してしまいました。本当に片付け下手でした、と過去形で言えるようになります!
    • マクロ美風 のコメント:
      64-5さん、こんばんは。
      (あ、もう朝ですね^^;)

      150センチの長さになると、カウンターも種類が多くなるので、案外お好みのタイプが選べるような気がします。
      私もかなり検索をしましたが、何点か良さそうな感じの物がありましたよ。
      ただ、高さがあなた好みではなかったのでご紹介しませんでした。
      ご主人様が作ってくださったら、これもまたありがたいですね。

      >色紙を切ってレイアウト図と格闘している私を見て、夫が、「お、やってるね。頑張って考えて下さい」、と言うので驚きました。整うと言う事に人は敏感なのだなと、勉強になりました。

      嬉しいですねぇ。
      まずは自分が変われば周りが変わる。
      これが陰陽の鉄則みたいなものですが、それがこうして短期間に体験出来て良かったですね。
      これからもっともっと陰陽の体験をされて、生活のあちらこちらで陰陽を実感なさってください。
      生活に中心軸が出来て、心地良い日々になりますよ。
      どうか素敵な空間が生まれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です