秩父高原牧場のポピー畑(秩父が故郷の人にプレゼント)

先の記事におぺこさんからコメントがありました。
秩父にご実家があるのだそうです。
そりゃあ、懐かしくなりますよね。
私も何かの拍子に故郷の写真を目にすると、うわーっと懐かしさがこみ上げて来ますもん。
特に山並みには反応しますね。
毎日眺めながら暮らした山は、もうその稜線を見ただけで涙が溢れて来ます。
故郷ってそういうものですよね。
大きなサイズの写真を載せると怒られるのですが、ちょっと違反してもう少し大きくして載せてみますね。
曇り空なので、綺麗さがイマイチですが雰囲気だけでも楽しんでくださいな。

 
 

秩父高原のポピー畑35

 
 

秩父高原のポピー畑3

 
 

秩父高原のポピー畑34

 
 

(埼玉県秩父高原牧場)

いかがでしたか?
故郷は離れてから良さを知るもの。
親も離れてからありがたさを感じるもの。
本当に大切なものは、案外失ってから(離れてから)気づくことが多いようです。

 
 


カテゴリー: その他 パーマリンク

コメント

  1. おぺこ より:

    美風さん、こんばんは。
    素敵なプレゼントをありがとうございます!!
    しかもサイズ違反までしていただいて…。゚(゚´Д`゚)゚。
    アルプスの少女ハイジのように、故郷のお山が恋しくて切なくなるとき、ありますよね。
    20代の頃、早番の仕事に出かける時に見ていた、明け方の稜線の息を飲むような美しさは、今でも時々思い出して、頑張ろう!という気持ちにさせてくれます。
    親も離れてからありがたさを感じるもの、本当にそうだと思います。
    私たち夫婦には子供がいませんが、結婚して親元を離れてから、親の愛情の深さを感じることが多いです。
    それは両家どちらの親も同じで、恵まれた環境にいることがとてもありがたいと思っています。元気なうちにたくさん親孝行しなくてはいけませんね。
    先の記事で書かれていた、美風さんの息子さんが思ったよりヤンチャな感じなのがなんだか微笑ましかったです!くれぐれも運転にはお気をつけて楽しんでくださいね〜!

    • マクロ美風 より:

      おぺこさん、こんばんは。

      お互いに故郷の想い出があって幸せですね。
      私は北海道の日高山脈が想い出の稜線です。

      息子は陰性なタイプなのですが、それゆえ発散対象として車のスピード(陽)に惹かれるのでしょうね。
      面白いものです。
      今は山を降りて安全運転をしていますのでご安心くださいませ。

  2. えりんこ より:

    美風さん、おはようございます。
    追加のお写真ありがとうございました!
    稜線が見えると、また先のお写真と雰囲気が変わりますね〜。
    (それにしても本当に沢山咲いていますね!)

    都会で育った私は、おぺこさんや美風さんのふるさとの山の話が
    とってもうらやましいです。
    でもそういえば、初めて愛クラスに来たとき、富山から京都に来て
    一人暮らしをしているお若い方が「京都いいな〜と思って来たけれど、
    やっぱり富山の方がいい」と言うので、「どうして?京都もステキじゃない!」と
    聞いたら「京都は山がないから」と答えたのを思い出しました。
    (実際ないわけではありませんが、富山とは全然違いますものね)
    当時それは衝撃でしたが、ふるさとってそういうものなんだなぁと改めて思いました。

    • マクロ美風 より:

      えりんこさん、おはようございます。

      稜線ってなぜか印象に残りやすいんですよね。
      富山から京都に来られたお若い人、そのまま京都人と結婚されました。
      稜線より異性の方が良かったのね(笑)

      えりんこさんのお宅からだと、この秩父高原はそんなに遠くないので、お子さんがもう少し大きくなられたら連れて行かれると喜ぶかもしれませんね。
      秩父は空気とお水が美味しくて、お蕎麦や山菜も豊富です。
      開花情報も毎日更新されているようなので、サイトをリンクしておきます。
      http://www.tenku-poppy.jp

  3. えりんこ より:

    美風さん、お返事ありがとうございます。
    お若い人、そうでしたか!(笑)びっくりしました。
    ではいつかまたお会いできるかな。

    秩父高原の情報もありがとうございます!
    いつか行ってみたいなぁと思っていたのでとても嬉しいです。
    はい、もう少し大きくなったら連れていきたいと思います。
    今年はお片づけ強化月間なので、おあずけです!

    • マクロ美風 より:

      えりんこちゃん、おはようございます。

      はい、きっと単発でもお会いできますよ〜。
      ぜひぜひお子さんを連れて行ってあげてください。
      池袋からビューン!ですから。

  4. おはる より:

    美風さん、こんばんは。
    素敵なお写真にメッセージにとありがとうございます。
    近いとはいえ、今では故郷を離れてからの方が長いのに、幼い頃から当たり前のように見慣れてきた山の稜線、穏やかな平野、柔らかな空気、愛おしく特別の想いを抱いてます。

    成長期の時代に育った地は、大きく刷り込まれてるんだと。。
    そして親もまた故郷であるんだな、と、人の繋がり、人と土地の繋がりに、宇宙の摂理を感じます。
    故郷を離れること、親を離れることは、近くでは気づかなかった故郷や親の姿を知ることでもあるんだな、と思ったりです。

    どんな故郷も親も誰かの大切で特別な存在なんだと感じます。

    ポピーの花、可愛らしくて好きです^^

    • マクロ美風 より:

      おはるちゃん、こんばんは。

      おはるちゃんも山のある県のご出身ですから、稜線の想い出やご両親の想い出、その他諸々の想い出がいっぱいありますね。

      >成長期の時代に育った地は、大きく刷り込まれてるんだと。。

      そうそう。もう細胞レベルで刷り込まれますよね。
      もしかしたDNAでも刷り込まれているかと思うくらい(笑)

      ポピーって可愛いですよね。
      でも、私はポピーをいっぱい部屋に飾ると頭が痛くなります。
      ケシ科のためだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です