乳酸菌たっぷり玄米炒飯

玄米チャーハン

(by 中川善博)

 

二日間ほどジャーに入っていた玄米ご飯と、冷蔵庫の中の残り物で作った玄米炒飯。
すぐきの葉がとっても美味しい味を演出してくれる。
乳酸菌たっぷりの玄米炒飯を食べると、「うん、大丈夫!」って思えるから不思議。
玄米が嫌いだという人でも炒飯にすると喜んで食べる人が多い。

きのうから予防接種やワクチンや医療関係のことをリツイートしたりシェアして来たけれど、流れている情報の背景をしっかりと知ることが大切。
そのうえで「自分の体は自分で守る」姿勢を確立して、毎日の食事に気を使えば不安は少なくなる。
人間だから不安が皆無ってことはないだろうけれど、少なくても大きな間違いはしないと思う。

これからクリスマス・年末年始と食事が乱れがちになる時だけれど、主食を忘れない食事をすることが免疫力をつける土台になることを知ってほしい。
1杯のお味噌汁、1杯の玄米ご飯、1切れのお漬物。
これらを感謝していただいているだろうか?

すべての命に感謝して、それらすべてと共存して、その中の一部として生かされている自分を意識できたら、あなたの体はきっと健康に向かえる。
それらの気づきはマクロビオティックが教えてくれる。

 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. 中川善博 のコメント:
    撮影がお上手になられましたねぇ。iPhoneでこの画像は素晴らしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です