驚異の中川式煮魚


今年も幸せコースではお魚の授業が始まりました。
素晴らしいお刺身の出来上がりはこちらのお写真から。
むそう塾はマクロビオティックのお料理教室ではありますが、日本の伝統料理を大切にして、マクロビオティックの陰陽でもう一度洗い直した結果、動物性を使用するお料理もほんの少しお伝えしています。
5月の庖丁の研ぎ方や切り方の授業に始まり、6月の桂剥き投稿も経て、やっとお魚の授業までたどり着いたところです。
生まれて初めてお魚をおろす人も多く、皆さんが真剣な表情でした。
1期生の時から毎年の光景なのですが、煮魚は苦手という人も、中川さんの煮魚は「美味しい!」と言ってペロリとたいらげてしまいます。
それは煮魚が苦手だったのではなく、美味しいと思えない煮魚が苦手だったということですね。
中川さんの煮魚は独特の煮方がまさしくマクロビオティックの陰陽に忠実で、それはそれは美味しいのです 。
お料理って陰陽の秩序どおりにしてあげると、本来の材料の良さが発揮できる良い証拠ですね。
まさに中川マジックです。
今年も中川さんの煮魚を喜んで召し上がってくれるご家族の笑顔を想像して、皆さんのご健康と家庭円満を願っています。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. 秋乃 より:

    美風さん、こんにちは。

    昨日もありがとうございました。
    魚をさばいた経験はほとんどなく、どうなることかと思いましたが、とても楽しかったです(かなりへっぴり腰でしたが…)
    主人は魚好きでそれはそれは綺麗に食べてくれます。
    美風さんのお写眞を食い入るように見て『おおっ、これが食べれるんだね』と楽しみにしてくれています。
    あの美味しさを是非味わってもらおうと、わたしも今からワクワクしています。

    毎月、お料理を教えていただくたびに『愛クラスでどれほどすごいことを教えていただいていたのか』を実感しています。
    陰陽ってすごいです。そして楽しいです。

  2. マクロ美風 より:

    秋乃さん、おはようございます。

    ご主人の喜ぶお顔が目に浮かぶようです。
    そして、そんなに喜んでくれる人がいる中で復習できるのはとても幸せな環境ですね。
    存分に復習なさってください。

    愛クラスでの陰陽は、最高の陰陽をお伝えしているのですが、なかなかその凄さをご理解いただけないのですよ~(クスン)
    ま、陰陽のお勉強が進めばその凄さを実感できるのですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です